« 気象科学館 | トップページ | 京都・大阪くいだおれツアー(その1) »

2011年8月 5日 (金)

ナビクレイドル SPX-SC01

我が家のクルマにはカーナビがありませんでした。
まぁ、クルマであちこち行くことがあまりないので、紙の地図帳でいいかって
携帯(GPS機能なし)をスマホ(Xperia acro)に買い換えたのを機に、カーナビアプリを導入してみました。
ついでに、精度アップ、渋滞情報提供ってのに惹かれて、パイオニア ナビクレイドル SPX-SC01を購入

近所をぐるぐる回ってみた感想をつらつらと
(神奈川県 海老名市付近)

起動に時間が掛かります。
さらにクレイドルのGPS精度で動作するまでも時間が掛かるようです。
起動は1分程度、GPS精度アップで動作始めるまでは2-3分程度でしょうか(いずれも計測ではなく感覚)

ナビの精度とリルート機能については、クレイドルのあるなしでは雲泥の差と言っても過言ではありません。
クレイドルなしでは、まれに道路じゃないとこ走るというちょっと懐かしい状況に陥りますし、曲角での案内のタイミングがすごくぶれるので、角を過ぎてから「まもなく左折です」ってなことも。
クレイドルありでは、走行と地図はぴったり合います。
長いトンネルとか、高層ビルの谷間とか首都高の乗り降りは試せていませんが、高精度GPSと加速度センサと併せているということなので期待しても大丈夫そうです。

渋滞情報は意外な場所まで出てきます。
VICS情報だけなくパイオニアのスマートループ情報を合わせて利用しているのが効いてます。
スマートループ情報もクレイドルのみの機能

クレイドルから電源をUSBで供給しているので、電池切れの心配はなし。
スマホとクレードル間の通信はbluetoothなのでUSB繋がなくても実際は動作します。

スマホの画面ですから、それなりの操作性と情報量ですが、これならば同価格帯のポータブルカーナビと比べてもいい勝負と言っていいと思います。(クレイドル1.5諭吉ぐらい、docomo 315円/月+スマホ本体)

んが、通信カーナビとしては致命的と言っていい落ち度を発見!
docomo Drive Net + Android では、PCとスマホ間での登録位置やルートデータの共有はできません。
つまりPCで行き先を登録して、スマホでナビという運用はできないと言うことです。
こんな基本的なことができないはずはないと、色々試して最後はdocomoカスタマーサポートに電話して確認しました。

精度に目をつむって他のサービスに乗り換えた方がいいのかなぁと悩んじゃうぐらい不便だったりします。
うーむ、クレイドル買っちゃっんだがなぁ...。
アプリのバージョンアップでどうにかできませんかねぇ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

クレイドルはクルマ専用です。シガーライターから電源供給が前提です。
また、スマホのホールドはゆるめです。
以上から 自転車では役に立たないガジェットですww

|

« 気象科学館 | トップページ | 京都・大阪くいだおれツアー(その1) »

コメント

「ドコモ ドライブネットPCサイト」を使って、ネットで見つけたスポットや事前に調べたルートを専用サーバーの「マイフォルダ」に登録できます。通信を使って手軽に取り込めるので、入力する手間が省けます。http://pioneer.jp/carrozzeria/splink/cradle/#feature_02

らしいので、問題は解決したみたいですよ

投稿:   | 2011年9月29日 (木) 06:25

ありがとうございます。
マイホルダが独立しちゃってるのがいまいちですが、バージョンアップで少し使いやすくなりましたね。

投稿: ふぉあぁ | 2011年9月29日 (木) 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7184/52396109

この記事へのトラックバック一覧です: ナビクレイドル SPX-SC01:

« 気象科学館 | トップページ | 京都・大阪くいだおれツアー(その1) »