« お正月 | トップページ | 佐世保はやっぱり »

2006年1月 2日 (月)

ALWAYS三丁目の夕日

always3

今年四十一のワタシは、実際には体験していないはずの昭和三十三年。
でも、なぜか懐かしい。 子どもの頃に感じた空気がスクリーンの中にありました。

子どものたむろする駄菓子屋、街角のタバコ屋、ごっつい実用自転車。

お話はビックコミック連載の人気作品三丁目の夕日が原作。
ひょんなことから、母親に棄てられた淳之介少年を預かることになってしまった、売れない作家の茶川。
そして小さな修理工場鈴木オートにやってくるテレビに、冷蔵庫、そして青森から集団就職でやってくる六ちゃん。
昭和の懐かしい風景が、精巧なCGとセット、小物で再現されています。

人が人のことを思いやることが当たり前だった時代を、丁寧にいくつものエピソードを積みかねて語っていきます。
心に優しさがあふれるのと同じだけの涙があふれ出てきます。
気持ちよくボロボロ泣いてしまいました。
昭和ってモノを知らない我が家の子どもら(小3小2年長)も、涙を流しながらおもしろかったねと、満足して映画館を後にしたのでした。

この作品の上映期間延長が決まったみたいです。 
どうですハンカチ持って観に行ってみませんか?

|

« お正月 | トップページ | 佐世保はやっぱり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7184/7973799

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS三丁目の夕日:

« お正月 | トップページ | 佐世保はやっぱり »