« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005年4月30日 (土)

湘南祭

先週 大岡祭で茅ヶ崎に行った折、今日は海岸側で「湘南祭」があるとの話を入手しました。
GW遠出する予定がないふぉあぁ家では、チビッちゃいイベントを積み重ねる作戦です。

茅ヶ崎駅から テクテクと歩きます。 20分ほど歩いて海岸へ
うーん ちょっと思っていたのとちょっと違うかな??
フリマだったのね。

軽食をとったらとっとと退散しました。
帰りも 駅まで テクテクと...。  疲れました。
でも良いのです。 今日の目的は 子どもらを歩かせて 疲れさせるのがメインでしたから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

平塚港 サビキ

前日、平塚港の 中央突堤が時間制限ながら釣り人に開放されることを確認しました。
そこで今日は、「どれくらい釣れるか」確認です。

日の出のころ 平塚港に到着。 まだ、中央のゲートは閉じています。
そこで、正面で竿を出します。
ほとんど生命反応がありません。 うーん あれほど釣れていた ヒイラギくんはどこに行ってしまったのでしょう?

日が昇るにつれて コイワシ君が釣れ始めます。
ところが、パタパタと3-5尾釣れては、15分ほどお休み。これの繰り返しで中々釣果が伸びません。
そこで、ゲートの開いた中央に移動しました。
ここなら、ジンタも釣れちゃうかも...。 o(^-^)o

だぁ ダメです。 正面以下です。 ホントに釣れません。
1尾釣れては 20分お休みになっちゃいました。
元に戻るのも面倒なので、ここいらで納竿です。

sakana_20050430

釣果:
05:00-09:30
コイワシ 32尾
さばッ子 8尾
トウゴロウイワシ 2尾

番外:
これってなぁに? ウミウシ??
sakana_20050430a
(クリックでちょっと大きくなります。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年4月29日 (金)

親子たこあげ大会

相模川流域では、この時期相模凧という 大きな凧を揚げる催しが あちこちで行われています。
相模原市や座間市の大凧揚げは、よくテレビでも紹介されていますね。
大きさが 10畳以上にもなる大凧が揚がるのはすごい迫力です。

海老名市でも相模凧の 文化継承は行われており、その一環で本日「親子たこあげ大会」が実施されました。
模範演技では、畳2枚ほどの大凧が 揚げられていました。
さて、 ふぉあぁ家はその場で作って凧を揚げる「簡単ミニビニール凧の部」に参加。

kodomo_20050429
あいにく ミニ凧には風が強すぎて なかなかうまく揚がってくれません。
それでも、何度も揚げているうちに 微調整もうまくいくようになり だんだんと揚がるようになりました。

子どもと一緒に 必死になって凧揚げをするのも楽しいモノですね。
今度は、大会じゃなくても 河原に凧揚げしに来ようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平塚新港

今日から 10連休です。 遠くに出かる予定はありませんが、近場で目一杯遊んでリフレッシュするつもりです。
まずは軽く 朝飯前に自転車でも乗ってきましょう。

相模川沿いを海岸まで行く毎度のコースです。 
が、今朝は 南西の風が強くもろに向かい風です。本来な緩やかな下り坂のハズなのに まったく前に進みません。
運動不足の体では あっという間に 息が上がります。
「どりゃ」フ~ 「くそっ」ホ~ 「ほりゃ」フ~ 「うげっ」ホ~
騒がしいかけ声をまき散らしながら、必死に漕ぎます。

平塚新港中央突堤が時間限定ながら釣り人に解放されるらしいとの情報があったので、新港内を覗きに行きます。
突堤のゲートには、8:30-17:00までとの看板が出ています。
さらには、突堤内のあちこちには、
bike_20050429
おー救命器具まで準備されているではありませんか。
これは、子ども連れにはありがたい措置ですねぇ。
ちょっと 開放時間には不満が残りますが、 ファミリーのんびりフィッシングには利用できますね。

さて、帰りは 追い風です。
ラクチン グングンスピードが上がります。

Data:
Av. 17.4km/h
Dst. 25.9km
Tm. 1:29

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2005年4月24日 (日)

大岡祭 茅ヶ崎

茅ヶ崎は 江戸時代の名奉行として時代劇でもお馴染みの大岡越前守忠相の所領であった地です。

駅前北口一帯で 行われた大岡祭に行ってきました。
大岡祭のメインイベントはパレードが駅前を練り歩きます。 沿道にはかなりの人出です。
高校生チアリーディングは、アクロバチックな動きで なかなかの迫力です。
続いて 御輿、お囃子、マーチングバンド、バトントワリング、よさこい社中....。うーん なかなか時代行列がやってきません。
kodomo_20050424
いよいよやってきた メインの 時代行列は 思いのほか短く、ちょっと拍子抜け。
大岡越前守は、馬に跨りパカパカと あっという間に通過してしまいました。

市役所と市役所前の中央公園では、市民祭も同時開催。
自治会やら 子供会やら 色々な地域団体が 出店を出しています。
子どもらはここで、ホットドックを食べたり、綿飴を食べたり...。 パパはビールもね。
kodomo_20050424a
(ヨーヨー釣りの 釣果です。)

天気も良かったし、思いのほか歩き回ったので ちょっと疲れて 帰宅後はみんなで昼寝と相成りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月23日 (土)

筋肉痛

昨年の秋は 台風に祟られまくり 何となくそれ以来ゴルフから離れてしまっていました。
ただやはり新緑が目に入りはじめると、なんとなくウズウズしてきます。

と言うことで 半年ぶりにゴルフクラブを握りました。
最初は、どうなることかと心配でしたが、慎重に力まずを心がけたためでしょうか、なんとか前半はそこそこに。
でも、昼休みの間にだんだんと体に違和感が...。

後半は、3Hを過ぎたあたりからすでに疲労との戦いです。
脚は痛いし、背中はこわばるし、集中力はなくなるし...。
50-58=108

これを書いているのは、ラウンド2日後の月曜日なのですが、未だ背中はバリバリと音を立てそうな状態です。 (Q_Q)↓

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月22日 (金)

平塚 弓角

新しい竿を購入して、投げたくて投げたくて ウズウズしています。
ということで出勤前に平塚海岸へ。
sakana_20050422

季節的には まだ早いのですが、短時間での投げの練習には弓角投げるのが一番かなと 投げては巻いて 投げては巻いて...。

釣れたのは、海草に絡みついた ワーム仕掛け一式と 湘南天秤のキス仕掛け一式 を一荷で。
重かったぞ。

なんとなく 真っ直ぐ飛ぶようになってきました。
ハイシーズンになる前に もっと練習しなくちゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月17日 (日)

国府津 投げ

sakana_20050417aもう少しの飛距離と、もうちょっとの感度が欲しくて、並継ぎ竿を買ってしまいました。
シマノ サーフリーダー EV SF(405CX)
振り出しも30号でしたので、同じ30号にしてみました。
お手頃価格で、評判もそこそこのようです。

「飛ばすには並継ぎ」と言われます。一方「並継ぎは堅い」とか「並継ぎはタイミングが違う」とかも言われています。 はてさてうまいこと投げられるでしょうか?

緊張しながら、軽る~目に第1投。

DOBON!

ありゃ 目の前の波裏ににシンカーが突き刺さりました。記念すべき第1投は、1色です。

軽く投げようとしすぎて、タイミングが合わなかったのかなと反省して、今までの振り出しと同じ感覚で第2投

Hyu~ DOBON!!

1色半でまたまた突き刺さります。

そっかもっと上空に突き出せばいいんだと、第3投...。

天ぷらです。遙か上空に...。 _| ̄|○ ガクッ

何度投げても、右に出てしまうか、上に吹け上がってしまいます。
タラシの長さを変えてみたり、リリースのタイミングを変えてみても、なかなか竿に錘が乗ってくれません。
当然、飛距離も出ません。 振り出し竿より 0.5色から1色は飛ばない感じです。
吹け上がってしまった錘を見失ってしまい 情けないったらありゃしない..。

しばらくして、何かがかかったのがわかります。 
「キスじゃねぇな」 手応えから判断して 3色先から巻いてくると...。

湘南西湘と言えば やっぱりこいつですねぇ。 (-Φ-)

sakana_20050417b

とはいえ、3色先のちびフグのアタリが判るのは、今までではなかったことです。
やはり感度は数段上ですね。 (^。^)

そうこうしているうちに、根掛かりで力糸が道糸との結び目で 切れてしまいました。
1000円もしたのにわずか2日間の命です...(T_T)
予備のナイロンの力糸に変えて、またしばらく投げますが、サビハゼ、クサフグがかかっただけでした。

ナイロン力糸も、根掛かりで結び目からプツン。
うーん、 結び方が悪いのかなぁ...。 研究しなくては。
(某ヒラメ釣りページの PEとリーダーの結び方を参考にしているのですが、力糸側がよく切れます。)

釣果:
7:00-10:30
ボ..
サビハゼ、クサフグは 2尾ずつぐらい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年4月16日 (土)

江ノ島 キス船

今日は船でキス、片瀬江ノ島「萬司郎丸」 ハーフシロギス 7:45出船 13:00上がり(餌付き)です。
昨年のGWのキス船が海釣りデビューでしたね。

sakana_20050416a今日のメンバーは、「た♂」(小3)「つ♂」(年長)に『K』パパ&『た』くん。

本日の主役は、子どもらです。
ふぉあぁも 『K』パパも、ひたすら 子どものエサを付けて、仕掛けを投入して底をとって、潮の流れに合わせて底の取り直しを指示して、お祭りしてしまえばそれを解いて...。 あ~~ 忙しいゾぅ!!!
まったく周りの景色を見ている余裕なんかありません。

いい天気に恵まれて、ポカポカ陽気で船に揺られていると、「あー眠い...。」
「つ♂」は 早起きが効いてしまったのでしょう。すっかり眠くなってしまい船室に入ってお昼寝です。
「た♂」もあまり釣れないので、一時お休みです。

子どもが 飽きてしまうと やっと自分の釣りです。
船釣り用の 道具なんか持っていませんから、手持ちのタックルを適当に持ち込み。
竿は 9ft.シーバスロッド 、リールは 4000番2号PEライン、仕掛けは 投げ釣り(改) フロロ3号モトス 1号ハリス 2本 キス6号鉤。
ちょっと ハードだったみたいですね。 アタリはあるのですが、なかなか掛かりません。
貸し竿&船宿販売仕掛けの『た』くんは、いい感じで釣り上げていました。

sakana_20050416b

江ノ島 裏磯を海から眺めるとこんな感じ
「すごーい サンダーバードの基地みたい」 by「つ♂」

釣果:
キス(18cm) 37尾 (ふぉあぁ家 16尾vs 『K』家 21尾 惨敗 \(_ _ ) )
ヒメジ      2尾   トラギス     1尾
メゴチ      4尾   ヒイラギ     6尾
イイダコ     1匹   全員の釣果です。

sakana_20050416d sakana_20050416c

さて、釣った魚は喰らいます。
『K』家に、お留守番をしていた女衆も 集まって天ぷらパーティーです。
ふぉあぁの天ぷらおいしかったゾ順
1位 ヒメジ ホックリ しっとりした身がしっかりとした味を含んでいます。
2位 メゴチ 筋肉質のムッチリした食感がたまりません。
3位 キス  定番 釣りたてのほくほく感はやっぱり絶品

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月10日 (日)

ミッキーマウスの憂鬱

ミッキーマウスの憂鬱
松岡 圭祐〔著〕
新潮社 (2005.03)
book_20050405

「ここが魔法の世界でないってことがわかったから....、すべてが手作りだってことが理解できたから、僕たちが支えてなきゃいけない。」

バックステージ、クルー、キャスト、Qライン、クラブ33...。
ディズニーフリークでなければなじみのない仕掛けや言葉がこの本には 次々と出てきますが、けっしてディズニーランドの舞台裏の種明かしに焦点があたっているわけではありません。
物語はディズニーランドという舞台を借りることにより、若さを含んだ熱気を帯びた人間の姿を描き出していきます。

主人公は、夢と魔法の王国 ディズニーランドに キャストとして準社員に採用され、素晴らしい仕事が出来るんだと舞い上がってしまいます。
ところが、夢は表の顔 裏の世界は なんら普通の会社と変わらず、ただ ひたすら単調な仕事の繰り返し。
ショーのメンバーはクルーと呼ばれプライドが高く彼らにだけ光が当たります、ワーカー(準社員)とスタッフ(正社員)には埋められない溝と対立があり...。

物語を読み進めるにつれ、主人公の若者特有の青臭さと情熱に登場人物が巻き込まれて一体感が生まれていきます。 と同時に、一緒に 盛り上がっている自分に気がつきます。
「ディズニーなんて」ってあなたも 読んでみませんか、 青春まっただ中の追体験 読後にはちょっと元気とやる気が出てくるかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 9日 (土)

平塚→前羽→国府津

今週は暑かったですねぇ。 桜も開花したと思ったら 翌日には満開です。
海も一気に春爛漫 ルンルン きっとキスさんも浜にワサワサ寄ってきているにチマイない。
勝手な思いこみで、平塚海岸へ。
sakana_20050409c
しめしめ 先週まではぜんぜんいなかった投げ釣り師が ビーチパーク前に湧いてでてます。
これだけ釣り人が繰り出しているからには、きっと釣れるはずだ。
思いこみは、さらに激しくなっていきます。

しかーし、つ・れ・な・い

2投ぐらいして西へ30m、3投しては西へ50mと移動してもなーんにも反応ナシ。

ビーチパーク前の釣り師たちの動きをじっと見ます。
あれっ?? みーんな 置き竿で おしゃべりに熱中しているみたいです。 こりゃダメだ。
よし、もっと西へ移動だ! スクーターに跨り20分ほどで前羽海岸です。

しめしめココもキス釣り師が、湧いているぞ。 しかも平塚よりも多い気がする。
しかもこのポイントは 地元の人が多い場所。 こんどこそ期待だ。

また3投ほどしては、20mほど移動。 3投してはちょっと移動。
ふむ、となりがいるからここまでか。 お隣さんを 飛び越してさらに移動続けるかどうするかと ふと振り返ると...。
おやぁ~ 並んでいた釣り人 み~んな撤収しているではありませんかぁ。
ええぃ こうなったら さらに西だ! と、またスクーターで10分 国府津海岸へ。

ここでやっと生命反応。
sakana_20050409b
サビハゼくんです。

きっと、他のお魚さんもいるにチマイない。
しばらくすると、メゴチくんです。 キスの定番外道くんではないですか!!
期待は、ますます高まります。

おー きたぁ~ ブルブル キテますキテます。
今回は力糸もPEに替えてみました、アタリが明確に判ります。
sakana_20050409a

ちょっと小さいですが うれしいですねぇ。 (写真の取り方上手なのか ^_^; 13cmのキスが でかく見えますねぇ)

しばらく 粘りますが、メゴチとサビハゼが1尾づつ来ただけでおしまい。
まだ海の春にはちょっと早いようですね。
素直に先週に続いて もっと水深がある裏磯に出撃すれば良かったかな? \(_ _ ) 反省

釣果:
キス(13cm)  1尾
サビハゼ  2尾(リリース)
メゴチ    2尾(リリース)

Data:
波:高 54~64cm 周期 6.5~7.2 水温 14.9~15.7
風:北北東3.5→南6.4 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年4月 8日 (金)

二人乗り

オートバイの高速道路二人乗りが解禁になったのですが、我が家には残念ながら 高速を走れるオートバイがありません。
ワタシの普段の脚は、ピンク色のナンバープレートのスクーターです。
こいつで 通勤、釣り、お買い物。
ついでに 幼稚園の送り迎え。

kodomo_20050407a  kodomo_20050407b

どうです、「つ♂」(年長)の雄姿。 まるで ヘルメットが歩いているみたいでしょう (^◇^)
3Sサイズです。 きちんとこんなサイズのヘルメットがあるんですよぅ。

パパの腰には つかむためのヒモ(最近はワイヤーロック)を巻いて、子どもが掴めるようにしてやります。
そして、子どもにニーグリップを教え込めば、結構安定して走れるようになります。
「た♂」(小3)も「み♀」(小2)も スクーターでの移動は大好きです。

さて、一つ注意。
疲れた子どもを 乗せるのはちょっとドキドキです。
なにせ、ヤツら 後ろで寝ますから...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 3日 (日)

江ノ島

bike_20050403
昨日は釣りに行った江ノ島に 今日は 自転車で行ってきました。

ウェア着込んで出かけるのは、じつは今年はじめて...。
すっかりご無沙汰しておりました。


そんなわけで、片道1時間ほどで行ける 江ノ島へ。
朝 家を出たときには、ちょっと寒くて 長袖に長パンツに ウィンドブレーカーという出で立ちでしたが、帰りしには 長袖ジャージを脱ぎたいぐらい。
今日の天気予報は悪かったのですが、なんともいい天気です。

さてさて、やはり久しぶりの自転車です。
脚がまったく廻りません。 どんなにギヤを軽くしてもクルクル90回転までいけません。
ゼーゼー言っちゃって、80回転をキープするのがやっとです。
なんだか お腹の肉が 引っ掛かる気もするし... (^_^;

Av. 21.4km/h
Dst. 44km
Tim. 2:03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 2日 (土)

江ノ島 投げ

前日から 針を結んだりで準備万端。 のつもりだったんですが...。
いやー 目覚まし時計が鳴らねーでやンの。 泡喰って飛び出して行きました。
sakana_20050402
磯に降りた7時には 大平とボラ場には すでにキス狙いの投げ師ばかりいます。 釣れるとなると やはりみなさん寄ってくるのね。
そんな中 スパー中学生「ケンスケ」さん発見。 σ(^^) いつも彼には ネット上で 釣り教えてもらっています。

第2投目に 早くも キス来ました。 かなり近い 2色ちょうどです。
幸先良いのは いつものこと、このあとパッタリキスは途絶えてしまいました。
代わりに 釣れるのは ヒイラギくんです。
13cm 14cmと 結構いい型です。 我が家では ヒイラギくんは立派なおかずになるので キープです。

今回は、現場で 2本から4本まで状況に合わせて仕掛けを作ろうと 針を結んできただけで現場にパーツで持ち込み。
んが、 これが ちょっと失敗。
モトスにハリスを結ぶのって、部屋の中ならそう難しく思わない程度に慣れてきたのですが、外でやるのはちょっと苦労。 風が吹いて 糸は流れるし、 北風だから 手もかじかむ...。
根掛かりとかで仕掛けを替える羽目になると、手返しの悪いこと悪いこと。  やっぱりあらかじめ 数パターン準備しておくべきでした。

そうこうして 余った ジャリメを ケンスケさんに託して14時に納竿。

sakana_20050402a
釣果:
キス3 15cm
ヒイラギ15 14cm
メゴチ1

釣った魚は喰らいます。
キスは小さかったのですが、子どものリクエストで お造りにしました。
ヒイラギは 冷蔵庫内で半干しにしてフライパンで焼いて頂きました。
大きなヒイラギは 身のうまさも感じられて、こいつを狙って釣ってもいいや と思えるほどです。 なんで、みんな捨てちゃうんでしょう?

Data:
干潮(時間)潮位(cm) 2:49(122) / 16:48(40)
満潮(時間)潮位(cm) 7:58(144)
波高 0.4m 北風 2m→ 南南東 2m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年4月 1日 (金)

レーシング・ストライプス

move_20050401ベイブで豚に喋らせました。 この映画では シマウマに喋らせました。
豚もそうですが、シマウマって 調教が出来ないじゃなかったけ?
アフリカにいっぱいいるけど、家畜として飼われたことはないですよね。 野生が強くて 人を乗せることはないと聞いていたのですが...。
立派に人を乗せています。 しかも サラブレッドと一緒に 競馬場走っています。
へぇ速いじゃん。 しかも 馬群にもまれても しっかり走っています。
調教頑張ったのか、CG使っちゃたのか。 ( あとで調べたら、ほとんど調教だそうです。)

物語は いわゆるお子様向けです。
パパとしては、アメリカの地方競馬の雰囲気とかシステムとかそんなモノに興味を惹かれていました。

難を言えば、ちょいと 三宅裕司の声が耳に障ります。 なんというか ちゃんと役を演じてよ、あなたのフィールドに持ち込まないでくださいって感じでしょうか。 まぁ どんなことをやっても三宅祐司であるってことが彼の持ち味ではあるのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »