« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005年1月22日 (土)

サバとニンニクのパスタ

ゴマサバなど、ちょっと脂の乗りが足りないぐらいの方が美味しい、我が家では子供に大人気の「サバとニンニクのパスタ」です。

サバとニンニクのパスタの作り方

4人前
サバ (1~2尾 大きさで)
ニンニク (1~2片)
唐辛子 (1/2~1本)
オリーブオイル、パセリ、バジル、こしょう、塩、小麦粉

サバは3枚におろして、骨を丁寧に取り除いておく

sakana_20050122aa sakana_20050122ab

塩、こしょう、パセリ、バジルを振ります。
小麦粉を軽く振っておきます。

フライパンにたっぷりめのオリーブオイルと、厚めにスライスしたニンニク、お好みで唐辛子を入れます。 中火~弱火でゆっくりと香りを出します。 オイルが温まってきて、ニンニクが半揚げの状態になったら、ニンニクと唐辛子を取り出します。 sakana_20050122ac
sakana_20050122e 余分な粉を落として、皮を下にしてサバを投入。 時々上からオイルを回しかけながら、じっくりと火を通します。

並行して パスタを強めの塩で茹でておきましょう。


サバの表面がカリッとしたら、サバを取り出します。
先ほど取り出した、ニンニク 唐辛子を残ったオイルに戻し、カリッと揚げます。(焦がさないように注意)
茹で上げたパスタに オリーブオイルを絡ませます。
sakana_20050122f

sakana_20050122g

上にサバを乗せてできあがり。 
カリカリのサバをほぐしながら、パスタと一緒にいただきます。


江ノ島で釣り上げたゴマサバは、サバづくしでいただきました。

sakana_20050122h
写真(↑クリックで大きくなります)左から 時計回りで

唐揚げ、中骨の唐揚げ、
蒸しサバの身をほぐしてオリーブオイルとマヨネーズ和え(サラダと一緒に)、
しめ鯖、生干し、サバとニンニクのスパゲッティ、水煮、
フィレのオイルサーディン(これも絶品! 作り方は次回紹介予定)

近くに住むおばあちゃんも呼んで、食べたら残りはあと数尾。
やっぱり我が家は、大食らいのようです。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

江ノ島 バクダン

だいぶ寒くなってきましたねぇ。
前回は サバが釣れましたが、こう寒くなっちゃ やっぱりサバは終わりかも...。
とはいえ、前回の釣りのあと4号磯竿投げ仕様を買ってしまったのですよ。
さらには、夜な夜な 仕掛けも自作してたりして...。
試してみたいじゃありませんか! ヘ(∧∧;ゞ
じつは、やる気満々です。

sakana_20050122a

やる気と、釣れないかもと言う不安がないまぜで、6時半過ぎに裏磯到着。
ボラ場にはだーれもいません。
「まだ寒いからね。 すいてて新しい竿での投げの練習には最適さ!」
仕掛けを組んで 7時ちょうどに第1投。

おー! キター!!

また来ましたよ第1投で!
いやー いるじゃん サバ。
この あとも結構調子よく サバが来ます。 しかもかなり丸々とした サバが。
8時半頃には ツ抜けしてしまいました。 うーん 絶好調!
でも、ボラ場には 私しかいない...。

なぜ?! みんなサバが嫌いなのかな??

テンヤを抱えたお父さんが まわってきて しばしお話を聞いたところ、二日前に バクダンやりに来たときには、さっぱり釣れなかったとのこと。 うーん それで、今日は人が来ないのかな??

9時過ぎたことから だんだん釣り人が増えてきました。
そして、10時頃 来ましたよ 爆発が。
次々に サバが上がります。 入れ食いですよ入れ食い。
いやー 楽しいっ!!

コマセもそろそろ終わりかなというころ、 やっちゃいましたぁ...。
仕掛けを飛ばしてしまいました。 (・_-) グスン
浮子もカゴも予備はあったのですが、もう20尾は釣ったかな? もういいかぁ。 と納竿。

sakana_20050122b  sakana_20050122c
(↑ あぁぁ。 サバが溢れている写真を取り忘れたぁ、左上の大きなザルにお魚山盛り...。)

釣果:
ゴマサバ(25cm)  22尾
ウミタナゴ(11cm)   1尾

ちょっと 自作サビキの釣果研究
幹糸 5号 ハリス3号 4本10cm 30cm間隔
針を4本別のものをつけて見ました。
上から
土佐カブラ8号  ハゲ皮 青フラッシャー
アジ金針8号  サバ皮 シモリ青蛍光ペイント
土佐カブラ8号 ハゲ皮 赤フラッシャー
アジ金針8号  ハゲ皮 シモリ青蛍光ペイント

結果は、うーーん 結構まんべんなく釣れていた気がします。
あえて言えば 土佐赤フラッシャーが一番釣れなかったかな??
タナは 前半4m後半5-6mでした。

釣った魚は食らいます。
今回のサバづくし料理は 別記事に!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年1月 9日 (日)

江ノ島 裏磯 バクダン

江ノ島で 1月だと言うのに サバが 爆発しているとのこと。
江ノ島の 先達に色々相談して、裏磯での釣りに初挑戦することにしました。
教えてくださったみなさまに感謝 m(_ _ )m

6:20ごろ 裏磯に到着。
ボラ場にはルアーマンが一人だけ。大平には、カゴ釣りの人が次々到着。
んー バクダンでサバってどっちで釣れるんだろう??

気弱に人のいない、ボラ場に釣り座を設定。
仕掛けを組んで、第一投!

「キターッ!!」

いきなり第一投で サバです。
すごいぞ! 江ノ島!

ところが、ここで トラブル発生。 いきなりウキスイベルが壊れました。 (T T)
仕掛けを組み直します。 第2投までに時間が掛かります。

1時間後 またサバが来ました。
気が付くのが遅かった...。 今度は、仕掛けがグチャグチャです。

四苦八苦しているうちに 釣り場は バクダン釣りの人で大賑わい。
7人ほどでローテーションをしながらの釣りになります。
こうなると、私のアームが目立ちます。 なにせ、飛ばない。
周りの人の 半分ってところでしょうか (´ヘ`;) ハァァ...

イワシがポツポツ来ます。
かなり大きなハリ(アジ金針11号)なのですが、イワシくん 果敢にアタックしてくるようですねぇ。
10cmオーバーそこそこのサイズが釣れます。

そうこうしているうちに、デカイのを釣り上げた人がいます。
周りの人が一斉に注目します。

んっ! なんか平べったいぞ?!

なんと バクダン仕掛けでヒラメを釣り上げた人が出ました。
どうやら、掛かったイワシに食いかかったみたいです。 う・ら・や・ま・し・ぃ...。
それにしても、ヒラメって 底に居る訳じゃないのですね。

12時にコマセが尽きて 納竿。
アームの悪さで、数度お祭りをしてしまい、周りの方にも迷惑をかけてしまいましたが、とっても楽しく 過ごせた江ノ島でした。

(磯からの帰りの階段は ちょっときついです。 今日は暖かかったから、階段で汗だくに。 その後スクーターで汗が冷えて、ただいま風邪引いたかも...って状態 owz...)

sakana_20050109

釣果:
サバ(23cm)   2尾
カタクチ(12cm) 22尾

釣った魚は食らいます。

サバは、しめ鯖と バジルオリーブオイル焼きにして、アーリオスパゲッティのトッピングに。めっちゃウマです。
イワシは 子どもの好物の 唐揚げに。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年1月 6日 (木)

平塚海岸 ルアー

sakana_20050106a
お正月には、強風にたたられて 竿を出せませんでした。
松もとれようかという今朝 出勤前に やっとこ竿を出してきました。
平塚海岸で、ルアーを投げてきました。
いやー 寒かった。 さすが小寒。 日が出て1時間ほど、この写真から1時間ほどあとが 一番寒かったみたいです。
ただ、ウェーディングで水中に立ち込んでも、足は冷たくないので 海水温は未だ高めなのでしょう。



そうこうしていると、波裏にかなり大きめの鳥山ができて 大急ぎで移動。
ざわつく海面に ダウンショットっ!!


sakana_20050106b
結果は?

ビックなフグカジが 数ヶ所あっただけでした... (-Φ-) Buu
やはり今年も フグで始まってしまった!?




釣果:
ボ..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 3日 (月)

平塚海岸 投げられず

初釣りだ! と 駅伝の通り過ぎた平塚海岸へと 出かけて行きました。
海岸へ向かう道すがら、スクーターに当たる風がずいぶん強いなぁとは思っていたのですが...。

sakana_20050103

海岸は、強風と波で 釣りどころではありません。
巻き上げられた砂が 顔を叩き 目を開けていることも困難です。

すごすごと 帰宅の途につきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月 1日 (土)

Mr.インクレディブル

mov_20050101
ピクサーが とうとう人間を主人公にしたCGアニメーションを 作成しました。
さすがはピクサーです。 アニメーションをどう見せるかについてよく知っています。

リアルさに関しては、「ポーラエキスプレス」の方が上でしょう。 全体的にかつ隅々まで細やかに作られています。
対して「Mr.インクレディブル」は良い意味で、ラフに作られているのです。

たとえば、街の俯瞰などは、「ポーラ」ではまるで航空写真かと見間違うホントの街並みを再現しています。
それに比べ「Mr.」では、一昔前のCADで書いたかのような、ラフな街並みなのです。
ところが、省略の妙と言いますか、このラフな町並みがかえってアイポイントをはっきりと浮き出させる効果を生み出しています。
人物でも細やかさが大切ではないのだなぁと思わせます。
「Mr.」はマンガチックな部分はありますが、皺や皮膚の質感に頼ることなく 「人間の感情」がうまく表現されてます。
そして、人の髪の動きは、それこそホンモノの動きでスピード感を表現し、メインロボのメカニズムは詳細に描き込んで おーっと唸らせます。
CGアニメーションを使った表現方法には ピクサーに一日の長があるみたいですね。

さて、ストーリーは とてもよく組み立てられています。
前作の「ニモ」が、残念ながら 小芝居のつなぎ合わせだったに比べ グッと品質が高くなったと言っちゃいます。
冬休み 子どもと観る映画としては最高の評価をあげてもいいと思いますよ。

この映画 もう一度 映画館で観てもいいかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かまぼこ

今年のおせちでは、かまぼこ比べをしてみました。

food_20050101

左から
小田原 丸う
平塚  中秋蒲鉾店
小田原 籠清
伊達巻きは 籠清 入船

籠清は、毎年お気に入りのブランドです。
丸うは、こちらに引っ越してくるまで、あまりお目に掛からなかったブランドですね。
中秋は、平塚駅前にある 蒲鉾練り物のお店です。
どの 蒲鉾も 1本1000円クラス(籠清は1000円クラスのミニ版)です。

正直 お魚の味と、お魚の歯ごたえで、どの蒲鉾も美味しいです。
こういう蒲鉾食べちゃうとナショナルブランドの 奇妙な歯ごたえの蒲鉾はしばらく食べられなくなっちいますね。

まあ、値段が倍以上しますから、普段使いはできないんですけど...。

(そのうち 材料のグチを大漁に釣り上げて、手作りに挑戦してみましょうか)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

平塚海岸から江ノ島方面を望む
平塚海岸から江ノ島方面を望む

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。



全国に何人いるのか判らない
愛読者のみなさま。
今年も元気に 釣りだ自転車だと遊びまくってブログる予定です。
(もう四十になるんだから、もう少し落ち付けって... ^^ゞ )
コメント、トラックバックもお待ちしております。
ことしも「かぜになりてぇい」よろしくお願いいたします。


平成一七年 元旦
ふぉあぁ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »