« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004年10月31日 (日)

平塚海岸 ルアー

ルアーロッドを買ってしまっいました。 
中型のスピニングリールも 持っていなかったので購入。

あぁー これで冬のボーナス 使っちまたぁ...。

だんだんと寒くなってきた今日この頃。
春からはじめた釣りも、今までの釣りモノとは 季節が変わってきています。
すっかり ドップリと釣りにはまってしまっていますから、これから何狙おう? って悩ンでいます。

いつもの釣具店をウロウロ。 ルアーコーナーに入り込みます。
いままで ルーアーって ちょっとカッコつけしい ってイメージがありました。 しかも、バスって食べられないし...。

そこは、海に近いお店です。ソルトウォーターコーナーってのがあります。(← だから海釣りでしょ!)
釣りモノ別に陳列されています。
シーバス (← だから鱸じゃん!)、メッキ、タチウオ、ヒラメ...。  

んっ! ヒラメ!!

湘南~西湘 ではヒラメのルアーって 結構実績があるって!
店内のPOPを じっくり読んでしまった。

さぁこうなると 行動パターンが 子ども丸出しな ふぉあぁです。
ネット仲間に 相談するや否や 数日後には 買ってしまいました、ロッドにリール、その他...。

さぁ 買ったら 投げてみたい。
買ったおもちゃはすぐ遊びたい。 子ども丸出しです。 (^^;

翌日 平塚海岸で、 メタルジグ(ブランカ28g)投げてみました。

感想:
軽いなぁ。
2色ぐらい飛ぶのね。
竿のしなりが「ビシュッッ」って感じで きもちいい \(^O^)/

こりゃ いいかも。

釣果:
当然 ボ...
釣るってより、試投が目的ですから。

お買い物:
ロッド:
SEA BREAKER KCSB-902F (KENCraft)
9ft. 並継ぎ lure 10~25g line 8-16lb.

特売で60%OFF 怪しい....。 保証書つかないって言われたし。

リール:
AERLEX 4000 (シマノ)

防錆仕様ベアリング採用の最安値モノ。
12lb. のナイロンラインを巻きました。

余談:
ULTEGRAブランドって 釣り具にもあったのね。
私のバイクの カセットスプロケットだけは ULTEGRA。 (メインは TIAGRA ← これは釣り具のブランドにはないみたい。)
今回のリールは、予算オーバーで ULTEGRAは断念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田原さかなまつり

このところ 釣りでは連戦連敗。 ボウズが続いています。
釣り針で 魚が釣れないなら、お金で釣り上げちゃいましょう。

これぞ 力業!

小田原おさかなまつりは、小田原 早川漁港で 毎年10月最終日曜日に開催。
今年で45回目目! すごいですねぇ。

もっともっと お魚に親しもう そしていっぱい食べてね ってのが趣旨のお祭りです。
会場では 海産物の特売のほかに、 お魚を知る色々なイベントが企画されています。



kodomo_20041031.jpg相模湾で採れる お魚が展示されています。
色々な みたこともない魚もいっぱい捕れるんですねぇ、海の豊かさにびっくりです。 ( ・_・;)

普段は切り身でしかみたことがない大きな魚をしげしげと眺めています。 (・。・)

たまにふぉあぁが釣ってくる魚も、漁師さんが捕るのは もっともっと大きいです。 (^^ゞ


kodomo_20041031b.jpg
マルソウダと ヒラソウダ どっちがどっち?

どっちも 美味しそう
(^u^)じゅる..

このほかにも、プロの漁師さんの手ほどきで アジを捌くコーナーや、地元婦人会のお魚料理教室、氷の彫刻実演、鮪解体ショー、一等賞がハマチ1本の抽選会など イベント盛りだくさん。

ママは、200円で袋に詰め放題の ソウダカツオをGet してご機嫌。(7本押し込んだ )

ふぉあぁは、あちこちで買い食いしてました。
揚げたて薩摩揚げ、魚の天ぷらそば、ソウダカツオの塩焼き...。
贅沢な朝ご飯でした。

子どもらは、 水族館とはちょっと違う お魚体験を出来たようですね。

釣果?:
マルソウダ(30cm) 7本 200円
イナダ(30cm)   1本 400円
その他 海産物

帰りのソフトクーラーは、いつもの釣りに比べて ずーーっと重かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月30日 (土)

西湘 投げ

先週に引き続き 西湘で サバ&キスねらいに再度出撃です。
今回は昨夜のうちにジャリメも準備済み。
ナブラが立つまでは キスねらい、ナブラが立ったら 角に切り替える。
オーソドックスながら 完璧な作戦です。

んがっ!

サバが、目の前 30-50mほどで 散々ライズを繰り返しているくせに、 弓角には全く反応しません。
引きの速度をかえて、タナをかえてみます。 No Good ×_× !!
弓角の色を変えてみます。 4色5色 試しても No Good ×_× !!
ジェット天秤、 L天秤、 スキップバニーと 変えてみます。 No Good ×_× !!

うぉおぉ 何が気にいらないんだぁ サバくんようぅ。
さすがに 2時間以上 無視され続け 疲れました。 キスに変えます。

んがっ!

この日 キスも全く釣れません。
その気配なし。 仕掛けの餌が ぜんぜんなくなりません。

そういえば 朝から まわりでキス投げていた方々は、すでに引き上げてしまっている人が多い...。

お隣に聞いてみます。
「どうですか?」
「一回 ピンが3尾 一荷で来ただけ。 ポイントは近かったんだけどね。」

そうこうしているうちに 雨が降ってきたので 撤収です。

釣果:
ボ..

フグもなし、あたりもなし。 ホントになんにもなし。 うーん ゲキシブっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月27日 (水)

平塚港 朝

平塚港でもカワハギが釣れるらしい。
といっても 手のひらサイズ で、狙って釣るには 魚影は薄いそうですが。

このところネット上で カワハギ の話を聞いているうちに、釣れなくてもいいから とりあえずチャレンジしてみようと思い 出勤前に出撃。
子どものビーズを こっそりくすねて 誘い飾りもどきを作成。
カワハギ針4号 2本仕掛け、 餌は キス用の保存餌を 小さく針先に付けました。 
港内の 波止のヘリを 誘いをかけながら 移動しながら 1時間。
餌取り名人に餌をとられることすらなく、なーんの反応もないまま タイムアップです。

しかし 今朝は、北風がきつく かなり寒かったぁ。
家に帰り着き 朝ご飯を食べても 体の芯にまだ 冷えが残っていた気がします。

釣果:
ボ..。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月25日 (月)

電車男

電車男
中野 独人 著
新潮社 (2004.10)

友人のBlog記事をきっかけに、この本を読みました。

なんでもあり巨大ネット掲示板 2ch の とあるスレッド(話題別の掲示板)で、ある男が皆に助けを求める書き込みをした。
「めしどこか たのむ 」
彼は 電車の中で酔っぱらいに絡まれた 女性を助けたことから その女性と食事に行くことになったのだった。
しかし、彼は 真性の秋葉オタク系。 生まれてこのかた 女性と食事なんかしたことがなかった。
そこで、彼は ネット仲間に助けを求めるメッセージを出したのだ。
ネット仲間は、彼=電車男に アドバイスし、 電車男は その女性と...。

物語が進むにつれ 自分も一緒になって電車男を応援していることに ふと気がつきます。

なんとも不思議な物語です。
ネット上の 時系列な やりとりが そのまま本になっています。
普通なら この話題になっていたネット上のやりとりをモチーフに 小説の体裁に整え 本として世の中に出てくるものでしょう。
ネタそのものが 本になってしまったことに 驚き、 本にしてしまった編集者にびっくりし敬意を持ったのでした。

と、ここで重大な勘違いに気がつきました。
なんと この本は 2ch の住人が企画を持ち込み 新潮社が ネット上の独特な表現を守るなど各条件をクリアし版権を確保したとのこと。
うーぬ、 編集は何もしていなのかぁ...。
あらためて、「恐るべし ネット文化」と思ってしまいました。

さて、ここでネットに詳しくない方に一つアドバイス。 (詳しい方は 以下は読み飛ばしてください。)

私も生のスレッドは見ていませんが、2ch上の 実際のやりとりは こんなに優しく さわやかではないハズ。
発言番号の飛んでいる部分には、2ch文化とでもいうべき ちょっとすごい発言もあったハズ。
2chに 行ってみたいなと 思っても、本の奥付にある↓
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Aquarius/7075/index.html
にアクセスして、中の注意書きを よく読んでから挑戦してね。


最後に一言:
新潮社さん、奥付にもっときちんと 注意書きをしておこうよ。
この本が売れたら、2chの住人と 本の読者と 両方から 文句いわれても知らないゾ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月24日 (日)

宮ヶ瀬湖

以前 挫折して到達出来なかった宮ヶ瀬湖に 再度挑戦です。

今回は、GPSにもルートをセットし 最高地点には地図にマークして リベンジの気合いは十分です。

日の出のころ 5:30にスタートです。
宮ヶ瀬湖までの道のり 半分ぐらい10km地点ぐらいまでは、ほぼ平地です。
ここから10km弱で 200m以上の標高差を登ります。
まあ、きついこときついこと。
デブは坂道が苦手です。

しかし今回は、目的地までの残り距離や 残り標高差が把握出来ていましたから、なんとか途中1回休憩で 登坂成功 (^O^)v

bike_20041024.jpg
ちょっと肌寒い宮ヶ瀬湖には 立派な公園施設があります。

大きな吊り橋が、公園に向かってかけられています。

湖畔には、遊覧船がでているようです。
きっと天気のいい日には、気持ちがいいでしょうね。

帰りは津久井湖のすぐ下流 相模川のほぼ始点にあたる城山町の小倉橋から 相模川沿いに下ってきました。

いやー、結構踏ん張ったンですね。
この記事を書いているいま、大腿筋と脹ら脛が ぐったりしてます。

Data:
Av. 19.0km/h
Dst. 64.0km
Tm 3:31
( start 05:40)門沢橋 → (7:20)宮ヶ瀬湖畔園地(7:45) → [城山町]小倉橋 → 門沢橋( finish 9:30 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月23日 (土)

西湘  マサバ

西湘のサバが またまた爆釣&40cm オーバーの大型も上がっているぞ との情報を入手。
今日はいつもの平塚ではなく、3倍の時間をかけて スクーターでやってきました小田原市は国府津の浜。
到着時は 夜明けまでまだ1時間 海岸にはだーれもいません。
大磯に比べてると 人出は少ないみたいですね。

明るくなるまでは キスでも狙ってみましょうか?
とはいえ、昨日餌を買っていません。 手持ちは塩漬けのイソメと バイオワームです。 これで釣れるのかしら? 
しばらくは釣果に期待せず 投げ続けます。

と、目の前に バシャバシャと盛んに ライズを繰り返す魚がいます。
「おっ あれは サバ?!」
早速弓角にセット変更。

投げます、投げます、投げます....。 「なぜだ! 釣れない。」

角の色を変えます。

投げます、投げます、投げます.... 「よっしゃ きたーっ!」
波打ち際まで来たところで、リールの手がふと軽くなります。

「だぁ~ バレたぁ (TT)」

しばらくするとまた来ました。今度は、ゲット! ゴマサバ君です。
ところが、この後また2回 波打ち際で バラします。

『なぜ????』

投げ竿が固いのでL型固定天秤を使ってバネを効かせているつもりなのですが、逆に合わせが効かずフッキングが甘くなっている様子です。

と、いうことでジェット天秤に交換。

ほーら正解。
今度はヒットした瞬間、ガツンとあわせてガッチリフックです。
やっほー マサバです。

ところが、ここで根掛かりして 力糸からロストしてしまいました。 グスン。
しかたがありません。また固定天秤を使いましょう。
ちょっと工夫を。

sakana_20041023a.jpg

L型 の天秤の先端にハリスを通し、半遊動にして使います。
この仕掛けで、3尾目 と4尾目 が上がりました。「ナーイス!」

4尾目 を上げたすぐあとの一投で、ガツンと来ました。
「おー 入れ食いじゃぁ~~ 時合いがキター!」
しかも かなりデカイ手応えです。
絶対バラしたくない! 気持ちがはやったのでしょう、波打ち際で 一気に引き抜こうとした瞬間

『パッアァーーン』

力糸が切れました。
もう、予備もありません。

ちょっと悔しいので、またキス仕掛けを投げます。

釣れません。
まわりでは、ボチボチとキスが上がっていますから やはり餌が悪いのでしょう。
まあそれでも もしかしたらってこともあります。

「んんっ! 重いぞ!?」

な・な・なーんと 先ほどの 仕掛けが引っ掛かっているではないですか。
仕掛けの回収に成功 (^^)v

ここで、気分良く 納竿です。

sakana_20041023.jpg

さて、釣った魚は 食らいます。

マサバ 半身 とゴマサバ半身は 〆鯖にして食べ比べ。
塩焼きも マサバとゴマサバで食べ比べ。

〆鯖:
マサバ君とゴマちゃん 引き分け。
どちらも脂ののりはいまいちですが、身のうまさは釣りモノならでは。

塩焼き:
0.5ポイント僅差でマサバ君の勝ち。
身が厚い方が、しっとり焼き上がるからですね。
本日の釣果 最大は マサバ君ですから。

Data:
マサバ (27cm) 1尾
ゴマサバ(25cm) 3尾
04:30-10:00 長潮 7:13干潮
(35.165452,139.140059,13.3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月20日 (水)

かまぼこ博物館

子どもらの学校の創立記念日を利用して かまぼこ博物館へいってきました。

小田原はかまぼこの名産地です。
この かまぼこ博物館は、そんな小田原かまぼこのお店 「鈴廣」が運営している 博物館です。

ここの売りはなんといっても 「かまぼこ作り体験」でしょう。
と、いうことで 「た♂」「み♀」「つ♂」は、ちくわ作りに挑戦です。
(通常は かまぼこ&ちくわ体験 水曜日はかまぼこがお休みなのでちくわのみ)

kodomo_20041020a.jpg

ちくわは 名前の通り 練り物を 細竹に巻き付けていきます。

kodomo_20041020b.jpg

手前3本が 子どもらの作品。 奥の1本は 一緒に指導してくれたインストラクターの「品物」
うーん まるっきり違う。

kodomo_20041020c.jpg

でも、できあがりはばっちりです。
美味しーぞー!

鈴廣 かまぼこ博物館  http://www.kamaboko.com/
体験教室は、1500円(+税) 水曜日は 500円(+税) です。
休みの日には、団体さんの予約が入っていることがありますので、あらかじめ予約しておいた方が無難です。

お隣の 箱根ビール園もおすすめ。
地ビール片手に 練り物を使った 創作料理と 小田原の海の幸をいただけます。
意外と リーズナブルですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月19日 (火)

魚を喰う

ほーら これで 毎週毎週 釣りに行く口実が出来た (^ O^ )v

魚よく食べる人、自殺しにくい?=リスク8分の1-日中共同研究

 魚をよく食べる人は、そうでない人より自殺のリスクが低い-。こんな研究結果を富山医科薬科大と中国・大連医科大の共同研究チームがまとめ、米国の医学専門誌「バイオロジカル・サイカイアトリー」に発表した。
 研究チームは2002年4月から7月にかけ、大連医科大の救急病棟に入院した自殺未遂者100人と、事故で入院した患者100人の血液を採取。魚の油に含まれる脂肪酸、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)の赤血球中の濃度を測定した。
 両群を比較すると、自殺未遂者の方がEPA、DHAとも濃度が低かった。EPAの場合、200人を濃度の低い順に4グループに分けると、第1グループに自殺未遂者が最も多く、濃度が高いほど減少。第1グループの自殺リスクを1とすると、第4グループは約8分の1の0.12だった。
 また、DHAの場合も同様に、第1グループのリスク1に対し、第4グループは0.21という結果が出た。 
(時事通信) - 10月18日6時0分更新

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月17日 (日)

平塚海岸 投げ

この1週間ほど 江ノ島の裏磯 や 大磯でサバが爆釣しているとの情報があります。
ベテランの方々は 「さばだぁ~」って うんざりの様子ですが、私にとっては 『大物』 の食いでのあるお魚さんです。
大磯と 江ノ島で釣れているなら 間に挟まれた 平塚でも釣れるハズです。
と、言うことで 夜明けから 弓角投げ始めました。

でも釣れません。

角がダメなら カゴがあります。 今日はさばっ気満々 ブリッジ仕掛けも用意しています。
この前はあっという間に仕掛けを流してしまったので 今回はスイベルのチェックは念入りに。
ちょっとカゴに細工をしたので、前回よりも飛距離はアップ。 えいやっと 投げれば 2色近く飛んで行きます。

釣れない...。 (--;)

と、いうか あまりに海面が静かです。
遙か 500yほど先では、かなり大きな魚が ライズを繰り返しているが見えるのですが...。(シイラかしら??)

ちょっと気分転換に キスを狙って見ましょう。

ぶー フグです。

sakana_20041017.jpg

この後も キス仕掛けを投げては フグ。
弓角なげてもあたりなし。

5:45-11:30 粘ったつもりですが、ピンギス 1尾に終わってしまいました。

釣果:
ピンギス 1尾
フグ 5尾以上(リリース)

この日まわりを見回しても 小さなピンギスがポチポチ上がっているだけの様子でした。
うーん、 ちょっと場所を変えないとダメかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月14日 (木)

朝走 相模川河口

日の出の時間が遅くなりました。
本日は、曇り。 日の出の時間は5:40。 こうなると5:30まで暗いです。

少し明るくなってきた頃を見計らってスタート
相模川河口までを往復します。

秋の深まりは 日の出の時間だけじゃなくて 気温の低下でも実感します。
走り出しは 半袖のジャージじゃ寒すぎます。
昨年は ゴルフ用のウィンドブレーカーを着ていたのですが、ちょっとかさばるため 脱いだ後の始末に困っていました。
で、今年は専用のウィンドブレーカーを購入。

ちょっと派手な ネオンオレンジ 蛍光色です。
bike_2380.jpg
パールイズミ プレーンウィンドブレーカー

20分ほど走り 体も温まったら ウィンドブレーカーは脱いで バックポケットに。
うん、これはコンパクトに すっぽりと収まります。

Data:
Av. 20.9km/h
Dst. 24.6km
Tim. 1:10
( start 5:45 finish 6:55 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月11日 (月)

平塚海岸(投げ) & 新港(サビキ)

朝方 雨が残っていましたが、連休中に一回も釣りに行かないのは悔しいので、そのうち止むだろうと出撃決行
濁りが残っているならと、先日のキス釣りで イシモチ情報を耳にした平塚海岸某所で投げます。
イシモチねらいは初めてです。
胴付き仕掛けを投げるのも初めて。
仕掛けの長さだけ たらしが長くなるんですね。 ちょっと慎重に投げます。

と 第一投で なにやら掛かってきました。
キスです。 15cmほどでしょうか。 2色以内できています。 近い!
セイゴ針13号なんて大きさでも食いついてくるんですねぇ。

しばらく繰り返し投げますが、何もきません。
さっきキスがきているということは、キスねらいに絞った方が得策かな?
仕掛けをキス用にチェンジします。

おっ! 早速なにか来ました。

フグです。 ぶー  即リリース。

おっ! またなにか来ました。

フグです。 ぶー

うーん キス仕掛けだとフグになっちゃいます。
ここで イシモチ仕掛けに戻して 投げますが 餌がなくなるだけで、何も釣れません。 ハリが大きいから??

さて、ここで変なことを思いつきます。

セイゴ針13号と キス吸い込み針7号を 同じ仕掛けにつけたら どうなる?

イシモチ仕掛けの道糸に 吸い込み針をつけて投げてみました。
さぁ 何が釣れたか!

フグです。 ぶー

結局2時間ほどで、投げ釣りは終了。

港内に移動です。
あまり天気が良くないにもかかわらず、港内は家族連れがいっぱいです。
「つ♂」(4才)が釣りをしたがっていたので、家に電話して ママに連れてきてもらうことにしました。

昨日は、泥のように濁っていた港内でしたが、今日はかなり澄んでいます。
ボラっ子の群れが 泳いでいるのが よーーく見えます。
まわりの人も ボラばかり釣っている...。 うーん あまりうらやましくないぞ。
案の定 ボラがよく掛かります。
「つ♂」は、ボラが掛かると大物だといって 大喜びですが...。 あまりうれしくないぞ。美味しくないから。

そのほかには 今日はサッパとヒイラギが釣れます。
新港内では 久しく見かけなかった カタクチイワシもポツポツと上がります。
メッキが1尾上がったのはラッキーでした。

sakana_20041011a.jpg sakana_20041011b.jpg
(↑ ざるの大きさは 左右で違います。)

釣果:
投げの部 (6:00-8:00)
キス(16cm)  1尾
ふぐ       5尾以上 リリース

サビキの部 (8:00-13:00)
ヒイラギ     65尾
サッパ(13cm) 6尾
カタクチ     6尾
メッキ(12cm)  1尾
コトヒキ     1尾
ボラ       10尾以上 リリース
トウゴロウイワシ 6尾 リリース

カニ網の部
ザガミガザミ(11cm) 2杯

もらい物の部
メジナ 1  カタクチ2 サッパ3

なんだか 長時間粘ったので 総量は多くなりましたね。

さて釣った魚は食します。
キス    刺身
ヒイラギ  唐揚げ&塩焼き
カタクチ  唐揚げ
メッキ   塩焼き
コトヒキ  唐揚げ
サッパ  酢締め (← 美味)
ザガミガザミ  みそ汁 (← 美味)

一回で全部食してしまうんですから、 我が家は 相当に大食らいですねぇ。 (^^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年10月10日 (日)

由比ヶ浜

台風一過 朝の海岸を走ってみました。
台風のあとは、カラッと晴れることが多いのですが、今日はなぜか厚い雲に覆われ、時折 小雨もぱらつくあいにくの天気です。

台風の影響で、相模川は 濁流になっています。 木くずのようなゴミが 大量に流れ出しています。
港の方はどうなっているでしょう? ちょっと気になって見に行きました。
港の中に入っていくと、いつもの釣り仲間が糸を垂れているじゃありませんか。
みんなのそばに行こうとハンドルを切ったそのとき


こけました...。

砂利にハンドルを取られて見事に転倒。

「おーい そこ凍っているから気をつけて!」

釣り仲間から、温かな声援が飛びます。

この後、由比ヶ浜まで行って折り返します。

bike_20041010.jpg

台風の爪痕です。
建築中のマンションの工事クレーンが折れ曲がってます。すごい風だったですものね。

さて、今日メインに走った R134は、防砂林に囲まれています。台風で飛ばされた松の葉や枝が散乱にして 道路脇に堆積していて非常に走りづらかったです。
そのほかの道路脇にも、泥の固まりがあったり色々なものが 貯まっていました。
ゴミをよけるには 車道側にはみ出ることになるので、結構神経使います。

自宅まであと1kmほどのところで、パンクです。
ガラスの小さな破片が タイヤに食い込んでいました。
うーん これも台風の影響なのでしょうか?
ゆっくりと空気が抜けていきましたので、なんとか自宅まで帰着成功。

さぁパンク直さなくちゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 7日 (木)

平塚海岸 ピンギス

sakana_20041007a.jpg週末は また台風が来て天気が悪くなる予想です。
今日は、健康診断があるので それにあわせて遅めの出勤。
じゃぁ、ちょっと出勤前に 行ってしまいましょう。

そうそう、先日作ってみた 「ジャリメの塩漬け」 使ってみましょう。

塩漬けくん しっかりとした手触りです。
ハリにつけ投げて、ゆっくりとさびいてくると あーら不思議 ジャリメ君は水で戻ってふっくら元通り。
(あっ ちっとも不思議じゃないか。)
ちょっとゆるく 水を吸った感じでですが もう一度二度 普通に投げられます。

そのうちやっとピンギスが1尾かかりました。

なんだか、1尾あげたら弓角投げたくなって、残りの時間は角投げていました。
だって、海があちこちワサワサしているんですもの。
こちらは、何かが10m以内でヒットしたんですが、 波打ち際でバラし...(TT)
あのシルエットは サバかなぁ...。 カンパチ系だったら悔しいなぁ...。

釣果:
ピンギス 1尾 ちいさいぞ ↓
sakana_20041007b.jpg

さて、ちいさなピンギス 1尾だけだしどう食べよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 6日 (水)

いいわけ

うーん ロードバイクになかなか乗れない。
先週 平日朝練でもしなきゃと 思い立ったのに、雨が降っていると危ないといっては 走らず。 雨が止んでも道路が濡れていると滑るしと言っては 走らず。

今朝は、レーシングパンツまではいて すっかり走る気だったんですが、窓の外を見たら 道路が濡れている...。
せっかく早く起きたので、チェーンの掃除をしました。(← で、満足してちゃいけないよなぁ)

明日は 検診だから朝から何も口にしてはいけない。
だから明朝も走らない。 だって走ったら ドリンク飲みたくなるじゃん。

言い訳言い訳。
うーん 一体いつ走るんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 2日 (土)

作ってあそぼう  コミュニティセンタ

kodomo_20041002a.jpg
市のコミュニティセンターで定期的に 子ども工作教室が開催されています。
小学生の「た♂」と「み♀」は 自分らだけで教室に行くことができますが、「つ♂」は保護者同伴でないと行くことができません。
そこで今日はパパと一緒に コミュニティセンターへ

ペットボトルや ビー玉 割り箸なんかを使っての工作を 巡回の指導員の先生が丁寧に指導してくれます。
材料も 道具もすべて準備されています。

kodomo_20041002.jpg

子どもは何かをつくるのって大好きです。
そういえばパパも子どもの時「できるかな」で「ノッポさん」と「ゴン太くん」をみて、色々作ったなぁ...。
いまは、「ワクワクさん」と「ゴロリ」が「つくってあそぼ」で工作しているんだそうです。
でも家の中では、材料が足りなかったり 「汚しちゃダメ!」ってママに止められたり...。
この会に参加すれば、思いっきり工作できます。

「広報海老名 つくってあそぼう」

また来月も 来ますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 1日 (金)

朝練 開始?!

bike_20041001.jpg
気持ちのいい季節になりました。
サンマの塩焼きで、ビールもうまいし、日本酒も美味しい。

ん! そんなことじゃなくって 青い空と 肌を抜ける風が気持ちがいいってことを言いたかったのよ。

まあ、毎日 美味しい美味しいと 飲んで喰ってしていれば...。
やばっ! 成長しているぞ。 増えてる増えてる。

ということで、朝 時間をとって走ってみましょう。
いつまで続くことやら。

Data:
馬入川河口(左岸→右岸 周回)
Av. 21.8km/h
Dst. 24.6km
Tim.1:07
( 5:25start 6:35 finish)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »