« 天下の険(その1) | トップページ | ぼら ボラ 鯔(平塚港) »

2004年8月14日 (土)

天下の険(その2)

bike_20040814e.jpg

箱根湯本に到着したのは 7時50分です。
寄り道しまくったので、ずいぶんと時間が掛かっています。
ここで一旦自転車は輪行袋に収納して 箱根登山鉄道で登ってしまいましょう。
強羅温泉には、30分ほどで登ってきました。
これで、箱根の山も半分以上登ったはずです。登りが苦手なふぉあぁでも あと少しならどうにかなるでしょうと思っていました。

が! 、天下の険をなめてはいけなかった。

強羅温泉の標高が 550m付近、 芦ノ湖の標高は 730m あとはたったの 180m。
のつもりだったのですが、芦ノ湖はカルデラ湖です。 ということは、まわりにはもっと高い山がある...。

bike_20040814f.jpg

320m も高低差があるじゃん!
標高700m付近からは、歩いていました。 歩いていても きつく感じるほどの坂道です。
なんど自転車を畳んで、バスに乗ろうと思ったことか...。

なんとか登り切り(歩ききり)、芦ノ湖に到着。
遅い朝食は、トマトジュースとガリガリ君。(だって暑いんだもん。)
湖畔でしばらく休んでいたら、気力も体力も復活。
湖畔が とても涼しいことに初めて気がつきました。
さぁ静岡県側に出発です。

箱根峠から三島市内まではひたすら下りです。
小田原からの勾配よりは若干緩いでしょうか? しかしなにしろ一気に下ります。
ほとんどペダルをこぐことなく 標高差800mを下りきりました。

沼津では、駿河湾沿いの防潮堤の上を走ります。
どこまでも続く浜。 とても広いです。
どうやら、海は急に深くなるらしく、海水浴場の遊泳範囲を表すブイは、海岸からわずか10mから20mのところに設置されています。

bike_20040814g.jpg
これって投げ釣りに最適ってことですよね?
そうです。この沼津の海岸は 「青物釣り」のメッカなのです。
ネットで検索すると 宗田が上がった、ワカシだ シイラだとバンバン釣れているようです。
海岸を走っていた時には 真っ昼間ということもあり 釣り人の姿はまばらでしたがね。
ところで この広い海岸に 大磯のほどの人口密度で 釣り人が並んだら いったい何万人並ぶんでしょう??
ハハハッ、ここまで来ても釣り場のチェックしてます。

田子の浦港で本日は終了です。
吉原駅前にて 刺身定食でビールをがぶ飲みして電車で帰ってきました。

データ:
Av. 18.1km/h
Dst. 93.2km
Tm. 5:08
( start 5:10 finish 13:15(吉原駅前))

|

« 天下の険(その1) | トップページ | ぼら ボラ 鯔(平塚港) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7184/1199255

この記事へのトラックバック一覧です: 天下の険(その2):

« 天下の険(その1) | トップページ | ぼら ボラ 鯔(平塚港) »