« 柳島 | トップページ | 天下の険(その2) »

2004年8月14日 (土)

天下の険(その1)

箱根を越える予定です。
といっても、登山鉄道を使うつもりですが...。

朝5時に出発です。
小田原までの道すがらは、投げ釣りのポイント巡りをしながら のんびりと移動します。
次回の投げ釣りの予習ですね。 んーん 熱心だこと。

平塚海岸 ビーチパーク付近
(小田原方面を望む)
bike_20040814a.jpg
新港とビーチパーク の間は サーファーが多いです。 が、それも新港際に限られるようです。
ビーチパークから小田原よりは よさそうなポイントですね。
駐車場がないため 車での釣行は限られそうですね。
花水川河口も人気があるようです。
ここは、弓角投げている人が多かったですね。
平塚海岸 花水川河口付近
(江ノ島方面を望む)
bike_20040814b.jpg
大磯 小淘綾ノ浜
(小田原方面を望む)
bike_20040814c.jpg
大磯港の江ノ島側は、海水浴客とサーファーでいっぱいです。
釣り人は、港をはさんだ小田原に行くことになります。

大磯港の小田原方面に隣接する浜は小淘綾ノ浜(こゆるぎのはま)です。
ここは、投げ釣りのメッカです。
すごい人出です。 人と人との間は 10mあるかないかだと思います。
まっすぐ投げられないと お祭りが怖いですね。
旧吉田邸下です。
ここまで来ると、釣り人の数がすこーし減ったでしょうか?
人の多い少ないは、駐車スペースとの関係が強そうな気がします。

旧吉田邸下
(江ノ島方面を望む)
bike_20040814d.jpg

今日の予習を生かして、次回の釣行計画を立てることにしましょう。
さて、太平洋自転車道はここまでで終わりです。ここからはR1に戻ってまじめに走りましょう。

(つづく)

|

« 柳島 | トップページ | 天下の険(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7184/1198695

この記事へのトラックバック一覧です: 天下の険(その1):

« 柳島 | トップページ | 天下の険(その2) »