« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004年6月28日 (月)

不在者投票

街では街宣車 もとい 選挙カーが廻ってくる今日この頃。
春に引っ越しをしたふぉあぁ家には いったい選挙権はあるのでしょうか?
特定の思想信条があるわけではないですが、「買わない競馬はただの家畜レース」というノリで、投票日の夜に速報番組を ビール片手に眺めるのが結構好きなんで 結構まめに投票に行きます。
先ほどの選挙権はあるのか? という問いには 正確には 「ある」 というのが回答なのでしょうが、問題は 「簡単に投票できるの?」 ってところです。
なにせ、投票の動機が 前述の通りの スチャラカ ですから、面倒くさければいかない...。

選挙人名簿には 「告示の日から3ヶ月以前に該当選挙区に居住する」 人が記載されます。
ふぉあぁ家は 3月25日に引っ越しをしています。
公示の日が3月24日なので、こちら(神奈川県海老名市)の名簿にはわずか一日違いで載らないことになります。

さて、こんなふぁあぁ家には、前住所(千葉県)から投票券が郵送されてきました。

「えー 流山(千葉県)までいくの~~。めんどくさいから今回は棄権ぢゃ 」 と思っていると、ハガキをよく読んだ嫁さんが 「これ(ハガキ)を流山に送ると、ここ(海老名)で投票出来るって書いてあるよ」 とのこと。
それじゃぁと、ハガキに必要事項を記載して 流山の選挙管理委員会へ郵送しました。(切手代は自己負担)

2~3日後に 流山選挙管理委員会から速達で 分厚い封筒が送られてきました。
中身は、投票用紙と 千葉県選挙区の候補者政党一覧 それと 開封厳禁と書かれた封筒 です。
これを 海老名市の選挙管理委員会に持参して、投票をしろとのことです。

んじゃということで、日曜日に市役所へ。

不在者投票と、期日前投票は場所が違うらしく、休日の市庁舎内をグルグルと歩き回るというオチはつきましたが 難なく投票完了。
(開封厳禁の封筒の中身は、本人確認のための氏名や生年月日が書かれた書類のようでした。)

不在者投票用の二重の封筒に入れられた投票用紙は、さらに封筒に入れられ 海老名市の選挙管理委員会から流山市の選挙管理委員会へ「速達で」郵送するそうです。

なにやら、えらい複雑な気がしますが、まとめてみると結構簡単

投票券が送られてくる
 ↓
旧住所の選管に新住所で不在者投票するぞと 返送
 ↓
速達で書類が旧選管から送られてくる。
 ↓
新住所の選管で不在者投票する。
 ↓
新住所の選管から旧住所のそれへ「速達」で投票用紙が郵送される。

特に記入する書類も面倒くさくなっかたですね。
これで、7/11夜の肴は確保です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月27日 (日)

6月度月例競技会

6月度月例競技会です。

天気予報は曇りで朝夕は雨でしたが、雲はほとんど無く湿度もそれほど上がらない結構なお天気でした。
それにしても、今年の梅雨はジメジメとした雨の日の記憶が薄いですね。
ドカンと台風とともに雨が降るか、五月晴れの日が続くかですもの。

さて、本日の結果は、
50-54=104

久しぶりに100切りのチャンスだったのですが、17番Par5で12打というとんでもない打数を記録して撃沈...!
ティーイングショットで、ドライバーのネックで打ってしまった球は左にゴロでOB。
さらにグリーンまで150yから打った球は左を林を超えてまたOB。
打ち直しは手前のバンカーへ。  バンカーから出すのに3打かかる。
パットも3パット
あ~ぁ 12打です。

さて、あまりに悲惨なショットで撃沈したので、ラウンド後に練習場の鳥かごへ。

今日の(練習での)「わかったつもり」
 クラブを振るのではなく、腕(手首から肘)を振る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月26日 (土)

平塚港 サビキ釣り

先週の釣りで隣でバリバリ釣っていた方は「湘南の浦島さん」でした。
ページを見るとわかりますが、浦島さん凄腕の釣り人です。
後日 浦島さんのページの掲示板でもアドバイスをいただきました。 

 「平塚港での港内でのサビキ釣りには、『ハイパーパニック3号』がベストチョイス。 これならば、きっと釣れる。」

浦島さんありがとうございました。
さてさてアドバイスの甲斐はあったのでしょうか?

今日は「た♂」も一緒です。
日の出前の4時には家を出、4:30ごろには第一投。
いきなりきましたぁ!! 豆あじGetです。

 『ハイパーパニック 万歳!!』

しかし、ここでいきなり素人爆発。
暴れた豆あじ君が仕掛けに絡んでしまっています。 絡んだ豆あじ君を外そうと四苦八苦している内に、仕掛けはだんだん無惨な形に...。
とうとう途中で切れてしまいました。 一発でサヨウナラです。
ハイパーパニックは、2つしか持っていないかったので、「た♂」の竿に期待しましょう。

次の仕掛けは「はせがわオリジナル」です。
ハリは 2.5号 小さなハリなら釣れる気がする ← 素人爆発!
で、この仕掛けの結果はといえば 「釣れます」
先週までのあこがれだった「忙しい釣り」になりましたぁ。
が、悲しいかなこの仕掛けもしばらくしたら、上2本を残して幹糸が切れてしまい、おしまいです。

さてさて、お次は「ラメパニック4号」です。
ヒラヒラがちょっと派手になっています。 「お魚さん見て見てって!」 ハイパーパニックの進化型ならきっと爆釣です。
ただ、針が4号なのが気にはなりますが...。

で、こいつの結果は?
「釣れません」
見事に釣れないです。 隣の「た♂」のハイパーパニック3号には順調に釣果があがっていますが、こいつには2匹掛かったきりです。

結果:
豆あじ 9 むつ 5 めじな 7 ヒイラギ 4 カマス 2 カタクチ13 計40

ベテランから見れば、束に届いていないのでまだまだでしょうが、素人的には大変楽しかったです。

sakana_20040626.jpg

次回の出撃に備え 「ハイパーパニック」さまの補充をしておかなければいけません。
帰り際に 先日購入した釣具店に立ち寄りました。
が、 ないではありませんか 「ハイパーパニック3号」が!!
4号しかありません。 ちょっと悩みましたが、2つ購入しておきました。 あわせて「はせがわオリジナル」も2つ購入。
なんとかなるかな? 結果は次回に。

さて、釣った魚は食べます。

本日のMENU

 いわし半分は刺身(見た目はたたき)半分は天ぷら
 カマスは 手開きで天ぷら
 ほかはみーーんな唐揚げ

美味でした。

データ:
04:30-08:30
曇り 南西の風 やや強し
月齢 3.54(小潮)
満潮 12:05
干潮 6:27 17:30
日出入 4:29 19:01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月24日 (木)

須賀港

今日はちょっと遅めの出勤となったので 朝の1時間半ほど平塚港まで自転車で走ってきました。
このところ平塚港には釣りで何度かきていますから、お馴染みの場所のはずなのですが、釣りにきているときには「お魚さんお魚さん」と気合いが入りすぎで 港内の釣り座に直行です。 そんなわけで、今日はあらためて港の周りを眺めたことになります。

さて いつもの新港から相模川をほんのわずかに遡上したところに旧港(須賀港)があります。
新港内には普段はわずか1艘の漁船が係留されているだけですが、こちら須賀港には漁船や近くの釣り船屋の遊漁船が 所狭しと並んでいます。
素人目には ここ須賀港の方が、新港よりも使い勝手は良さそうです。 新港は堤防だけは立派なのですがねぇ...。 まあ、新港に船が少ないおかげで、のんびりと釣りができるのだから 文句を言ってはいけない?!

さて、早朝の須賀港では 威勢の良い怒鳴り声とともに 魚が水揚げされていました。 サバとイワシでしょうか。
たまにはこんなお魚さんが私の釣り針にも掛かってほしいモノです。

bike_20040624.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月19日 (土)

ハリーポッターとアズカバンの囚人

シリーズ第3弾
原作を忠実にたどる展開はいままでと同じですが、本作では ページ数と尺の長さが同じなんじゃないかと言うほどの前作までの愚直なほどの忠実性はなくなりました。監督が替わったせいでしょうか。
ハリーの世界にすっかり慣れた観客を前提しているでしょう、説明っぽいシーンがなくなり サブエピソードはあっさりと進むなど 映像にふさわしいテンポで展開していきます。
ただ原作を読むか 映画の1,2作目を見てないと、ちょっと分かりにくい場面があるかもしれません。

ハリーは3年生としてホグワーツ魔術学校に帰ってきます。
しかし、今年のホグワーツは いままでの平和な雰囲気とは異なり、恐ろしいディメンター(吸魂鬼)がホグワーツを囲んでホグワーツへの出入りを遮断しています。 なぜなら、アズカバン監獄から脱走した殺人鬼シリウス・ブラックが、ハリーを狙っているからです。

ハリーポッターとアズカバンの囚人は既発行のシリーズ4作の中でも、とりわけストーリー展開が好きな作品です。
原作の物語がいいと、やはり映画も楽しいですね。


TOHOシネマズ海老名にて 日本語吹き替え版
(今回隣に座っていた、女子高生二人組 ひたすらしゃべりっぱなしだった。
 我が家の3人の子どもには、途中でしゃべるなとしつけながら観ていたのに、隣でずーっとだよ...。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サビキ釣り(平塚港)

何度行っても釣れなくて悔しいので、ムキになってサビキ釣りに挑戦中。

今日は天気はいいのですが台風の影響でしょうか、風とうねりが強く 時々外堤防の上に浪花が立ち上がります。

早朝4時からハリを降ろしますが、やはり釣れません。
日の出時は釣れると思ったのに...。

でも隣の人は、ヒイラギ、イワシ、豆あじを忙しく上げています。
どうやらなにか違いがありそうです。
隣の人は「トリックサビキ」です。
ふぉあぁは、ヒラヒラのついた仕掛けに、アミかごをつけています。
ハリにホントの餌が付いていないと 釣れないのでしょうか?
アミをハリにこすりつけ、トリックっぽくしてみました。

が! 釣れない....
さらにお隣の向こうの数人も「トリックサビキ」ですが それほど釣れていません。
どうやら、トリックだから釣れるわけではなさそうです。

タナの位置が違うのでしょうか?
隣の人を見て、タナ位置を同じようにしてみます。

やっぱり釣れない...。
お隣は順調に、2本の竿をクリクリと手返しよく回転させています。
なぜだ?

ここは、聞いてみるしかありません。
お隣にどんな仕掛けを使っているのか教えてもらいました。

「ここ(港内船着き)だと、小さなハリじゃないと難しいよ。大抵釣れない人はハリが大きすぎるんだ。」
とのこと。

お隣さんは 3号、ふぉあぁは5号です。

「これだと外堤防で大きなアジ用だね。」

うーーんそうかぁ。
もっと小さなハリね。 よし! 今度買いに行こう。 いまの仕掛けは1個100円の特売品だしね。

さて、釣れた魚は食べます。

豆あじ:2尾
ヒイラギ:4尾

唐揚げにして頂きました。

sakana_20040619.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月14日 (月)

ディズニーシー

我が家では年に2回ぐらいディズニーリゾートに出かけます。
土曜日に参観日だった子どもたちは月曜日は振り替えでお休みです。
今回はディズニーシーに行きました。
kodomo_tds040613.jpg

1年ほど前に小学生の「た♂」と幼稚園児の「み♀」「つ♂」の代休がずれたことがありました。
平日なら空いているんじゃないかと考えて、「み♀」と「つ♂」を連れて月曜日にディズニーランドへ連れていったら めちゃ込み!
で、翌週は小学生の「た♂」が こちらはママと日曜日にディズニーランドへ。
これが空いている...。

日中の混み方は、ほとんど変わりませんが、日が落ちる頃から日曜日はどんどん人が減っていく...。
夜のパレードの席取りもちょっと並べばOK。
前週の月曜日は、1時間前の規制解除と同時にほぼ満員状態なのに...。

月曜日より、日曜日の方がすいているみたいです。
考えてみたら学校の運動会とか授業参観とかの行事って、時期が重なるんですよね。
当然、月曜日には 「みんなそろって」お休み状態になります。 普通の休日とかわらないじゃん。

という、教訓を生かして、今回はあえて日曜日に出撃!
貧乏性ですから、出かけるときには開園から閉園までひたすら遊びます。
翌日は 学校は休みですから、寝坊もOKです。(「つ♂」も一緒に明日は幼稚園休ませちゃおうかな)


kodomo_tds040613a.jpg
シーでの日曜日の夜は、かなり空きます。
センター・オブ・ジ・アースもインディージョーンズも 10分以内の待ち時間です。
いまシーでは夜のパレードがお休み中なので皆さんお帰りが早いようです。 
30分以上の列ができるアトラクションは、ベネティアゴンドラだけのようです。

さて、やっと身長制限(117cm)をクリアした「み♀」6才は、初めてのジェットコースターに
「パパのお腹でセーフティレバーがユルユルで 「み♀」がジェットコースターからとびだしちゃいそうで 心臓がとびでちゃうよ。」
痩せろと プレッシャーをかけられちゃいました...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月 6日 (日)

豆あじ

友人家族とそろって潮干狩りに行く予定でした。
が、予報は「絶対に雨」
テレビの気象予報士は 自信があるようです。
まあしかたがありません。
前夜に中止を決定です。 次の機会を待ちましょう。

朝起きて外を見てみると、雨は降っていませんし、朝日がいまからあがってきそうです。
んーーっ!!
悔しいから、 一人で平塚新港まで サビキ釣りに行ってきました。

予報通りに6時すぎには雨もしっかりと降りはじめました。
梅雨入りですね。
dialy_20040606.jpg

さて、5時から9時までの釣果は 惨敗。
豆あじ 3匹です。
30cmほどのボラはもう少しってところでバラしましたが...。(逃した魚は常に大きい)

釣った魚はいただきます。
小さいので、そのまま唐揚げに。

それにしても 小さくてもいいからもう少し数が釣れないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月 5日 (土)

江ノ島

江ノ島から富士を望む
今日は外出の予定があるので、朝方の2時間だけ走ってきました。
我が家から1時間ですと 江ノ島あたりです。
いままで江ノ島は通過していましたが、今日は橋を渡ってみました。

江ノ島の中はどこまで自転車で行けるのでしょうか?
エスカー乗り場から横に細い登り坂を見つけました。今度時間があるときに探検してみましょう。

商店の脇の路地に入り込んで 海辺に出ると 富士山をきれいに望むことができました。

Av. 22.5km/h
Tm. 1:55
Dst.43.4km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月 3日 (木)

湯燗徳利

湯燗徳利 湯燗徳利
このところ燗酒をいただくことが多いです。
でも、適温で飲もうと思うと一合ずつまめにつけなきゃいけないし、飲み始めてからお代わりのお燗をつけるのに台所のガスレンジに立たないといけないのがこの上なくめんどうくさいです。

で、この『湯燗徳利』を見つけて、矢も楯もたまらず購入しました。
使い方は見てのとおり。
内側のお銚子にお酒を入れ、外側の器にお湯を注ぎます。
お銚子を器に入れて待つことしばしで お燗が付きます。
カンカンまでつけるにはちょっと難しいですが、ぬる燗から上燗であればポットのお湯でも十分つけられます。
ちびちびと飲みながら、ちょっと冷めたらまたつけてといったように 好みの加減を手元で維持できるのがまたいいです。

日本酒だけでなく、焼酎のお湯割りでも湯加減を維持するのに使っています。
ちょっと大きめのぐい飲みで お湯割りをちびちびと...。

し・あ・わ・せ です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »