« 江ノ島→鎌倉(その2) | トップページ | Weblogタイトル改題 »

2004年4月12日 (月)

江ノ島→鎌倉(その3) バイクの掃除

チェーンクリーナーとディグリーザー
(土曜日の続き)
海辺の砂が付いたままじゃ良くなかんべと、夕方にロードバイクを掃除しました。

BARBIERI PNKチェーンクリーナーなるものでチェーンの掃除をしました。(写真は、本体のみ)
機械に付属のディグリーザーを入れて、チェーンをグルグル廻すと汚れが取れていきます。
一発できれいなるという訳ではなく、2-3回繰り返して、かつウエスでチェーンをぐりぐり拭く必要はありました。
(1年以上ウエスで拭いたことぐらいしかなかったので、かなり汚れが付着していたのは確かです。)
そのあとセットのチェーンオイルを差しておきました。


さらには、ともかく塩はヤバイだろうと、辺り構わずあちこちブシュブシュとディグリーザーをぶっかけて、水で洗い流しました。砂と油がドロドロと流れいって バイクはきれいになりました。(写真のディグリーザーは、FINISH LINE ECO TECH2)

さて、翌日にWebをあちこち見ていると、ディグリーザーはBBとかフリーホイールには使わないように書いてあるではないですか...。
これらの部品にはグリースが着いているので、グリースが流れちゃうそうな。

でも、BBもペダルも リヤフリーホイールも砂がみっちり付着していて、「絶対このままじゃヤバイ」って感じだったんです。
スプロケットなんかジャブジャブとディグリーザーを掛けないと、砂は取れないですよぅ。ジャブジャブ掛けたら、フリーホイールにもディグリーザーが結構かかるじゃないですか。
ペダルなんかの狭い隙間に砂が入り込んでたら、ジュワーっと流したくなるのが人情でしょう?

うーんどうするのが正解なんだろう。
大丈夫かなぁ。 トホホ...。

これらクリーナー類は、数週間前に量販店で買い求めたものです。
並んでいる商品から 簡単な説明で適当に選んでしまいましたからねぇ。使い方とか注意とかまでは 聞いていなかったです。
うーん、やっぱり初心者の私には量販店での買い物は難しいのかもしれません。

|

« 江ノ島→鎌倉(その2) | トップページ | Weblogタイトル改題 »

コメント

私の場合は汚れてきたら、あまりしぼらないひたひたなぬれぞうきんでフレームなどを拭いてから、
ギア回りとかも拭いて、2センチくらいから車体を落として、
水を切って乾かしてからオイルを差すって感じです。

投稿: hideto | 2004年4月12日 (月) 23:46

hidetoさま ありがとうございます。
水洗いがやっぱり基本みたいですね。
砂が油でこびりついちゃったんで、「ぶしゅーーー」ってね。
おもしろいぐらい落ちるんで、ついついあちこちを...。
ベランダの狭いスペースでも、hidetoさんの方法なら掃除ができますね。マメにやらなきゃダメですね。

投稿: ふぉあぁ | 2004年4月14日 (水) 15:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7184/431545

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ島→鎌倉(その3) バイクの掃除:

« 江ノ島→鎌倉(その2) | トップページ | Weblogタイトル改題 »