« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004年4月

2004年4月30日 (金)

6Iでラウンド

1.5Rしたうち 最初のハーフを6IとPW SWだけで廻ってみました。

結果

50-54-57

6Iでティショットをした方がスコアがいいです...。
私には ドライバーは無用の長物と言うことですか???

まあよーく考えれば、長めのパー4であっても アイアンだけで3オンは可能です。
400ヤードも 150+150+100 ですから ミドルアイアン×2 + ウエッジ で届きます。
ミドルアイアンのティーショットなら フェアウェイからそうそうには外れません。
林の中やOBってのがなかった分 スコアが良くなったと思われます。

フェアウェイキープの大切さを実感したラウンドでした。
(マジに来週の月例で、アイアンラウンドしてみようかな? ハンデ縮みそうだよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月29日 (木)

カセットスプロケット

カセットスプロケット ULTIGRA
ロードバイクのエンジンが出力不足なので、ギヤ比を変えることにしました。
12-25T(TIAGRA) → 12-27T(ULTEGRA) (フロントは39-52T)

注文の品が届きましたので、さっそく交換に行きました。

お店で交換をしてもらったのですが、オーナー曰く 「工具があれば簡単ですし、その日の目的に合わせて皆さん交換してますから、自分でやれるといいですよ」
工具の値段も、2つで4000円ほどですから、もう少し慣れたらやってみましょう。
スプロケットの掃除も簡単にできそうですしね。

さて、ギヤ比を変えてみた感じは?
この日は お店と自宅の往復だけだった(往復14km)ですし、風が強かったおかげで よくわかりません。

この休み中にちょっと長めの走りに行く予定ですから、そのときに判るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月27日 (火)

パンク修理キット

bike_punkkit.jpg
携帯用のパンク修理キットです。(単3電池はスケールのため置いてみました。)
パッチはロードレーサー用の薄いパッチを別途購入しました。
タイヤレバーはプラスチック製です。
すべてあわせて1,000円弱です。近くのホームセンターで購入しました。

タイヤレバーは、スチール製より アルミ製やプラスチック製がホイールにやさしいので好ましいそうです。
アルミ製ですと 体積がプラより減りますけど、1本で500円程度します。
プラ製なら3本セットで500円でおつりが来ます。

これでパンクも怖くない???
いえいえ キットを持ち歩いても、パンクをしたら まずは予備チューブに交換してしまうと思います。
なんと言っても自分の腕を信用していないモン...。 (^^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004年4月25日 (日)

葉山

葉山公園
思いの外寒い朝でした。
前日の雨で路面の所々が濡れていました。
今日は、鎌倉の先まで行ってみましょう。

家を出て15分ほど経ったところで、後輪からカタカタと枯れ葉でも踏んでいるような音がします。
なにの音かなと 思う間もなく....
パンクです。
細い釘が刺さっています。
予備のチューブに交換です。携帯ポンプでの空気入れははじめてなので、圧がどこまで入ったのかちょっと不安です。交換には20分強かかりました。
パンク修理キットは持っていませんので、もう一度パンクしたらOUTです。そのときには嫁さんに迎えに来てもらいましょう。ただし、来てくれるかは わかりませんが...。

道端のゴミを異常に気にしながら、由比ヶ浜を超えて葉山まで行きました。
御用邸の隣の葉山公園で休憩後折り返しです。
葉山から望む富士山は 相模湾の景色と相まって とても美しいものです。
(遠景の写真って難しいですね...。 肉眼では富士山がどかんと存在感があるんですが、写真では富士山が見つからないです。 クリックすると写真は大きくなります。)

帰宅後、パンクしたチューブを修理しようとしましたが、曲がった釘が開けた穴は、突き抜けたりで4カ所以上になっており、修理しても不安なので 修理は断念してしまいました。
夕方、携帯用パッチセットと予備のチューブを買いに行きました。

どうも毎週トラブっています。

Av. 22.8km/h
Tm.3:08
Dst.71.5km
所要時間 4:15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月24日 (土)

水上バス

水上バス ヒミコ
水上バスでお台場臨海新都心へ。
先週の「江ノ電」に続いての乗り物シリーズです。

浜松町(大門)駅から日の出桟橋までは歩いて10分ほどになります。
日の出桟橋からは、お台場地区、葛西臨海公園、浅草、品川水族館の各方面に水上バスが運行されています。

浅草方面へは、松本零士デザインの「ヒミコ」が運行されています。(写真)

水上バス 今日は、ビックサイトを経由してパレットタウンまでの約30分の船旅です。 レインボーブリッジやお台場のフジテレビなどの眺めながら東京湾を横断し、運河に架かるいくつもの橋をくぐり抜けます。 天気が良かったので、屋上座席に乗り込みました。 屋上の席は少ないです。

子どもは、1階席で海面すれすれを飛んでくるカモメにご挨拶をしていたようです。
ビックサイトでママを降ろしたあと、船はパレットタウンに向かいます。

パレットタウンでは、ヴィーナスフォートでお食事です。
レストランから見える天井が、次々と日暮れになったり、夜明けになったりと変わっていくのが興味を引いたらしく、なかなか届かないお食事の待ち時間もおとなしくしていました。(というか、ベランダに見に行っていた)

このあと、MEGA WEBへ。
ヒストリーガレージには、懐かしい車や、かつてのスパーカーが展示してあります。
ちょっとおしゃれなカフェとかも併設されていますが、もう少し展示が充実していればなぁ...と。
他にもMEGA WEBには乗り物等があるのですが、お金がかかるので今日はパスです。

お次は、パレットタウンから徒歩5分ほどでフジテレビへ。
球体展望台は有料です。 正直有料の割にはちょっと眺めはもの足りません。 海側に窓がありません。
無料でいける24階の通路の方が眺めはいいかも...。
25階まで行くと、スタンプカードがもらえます。スタンプを集めるとミニタオルがもらえます。

スタジオ見学は、天井のホンの隙間から ちらっと見える程度です。
「演出上の問題で...」と書いてありますが、見せる気がない、見せたくないんだよねって匂いがプンプンします。
全体に 人出の割には見どころは少ないですね。

フジテレビの裏玄関には、無料循環バスの停留所があります。
バスに乗ってビックサイトまで。
ここでママと合流です。ママはこの日「国際ブックフェア」で珍しい洋書の物色をしていました。
帰りは、都バスで浜松町に帰ります。バスが一番安いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月20日 (火)

ロードバイクメンテナンス

どこでも使えるロードバイクメンテナンス
藤原 富美男監修
バイシクルクラブ編集部編
枻文庫 2003.4

このところロードバイクのメンテナンスで、失敗を繰り返しています。
これじゃいけないと、まずはマニュアルを...。(あまり自慢できる行動パターンではないですな)

写真を多用してあり、文庫版といえども見やすいです。
この本、結構内容濃いです。
ホイール組みまで指南してくれてます。
ただし、実際問題として、そこまでは普通はやれないでしょ...。

最初は、掃除と日常点検からかな、張り切りすぎて壊さない程度でね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月18日 (日)

小田原城

またやっちゃいました。
さあ、出かけようと空気をいれていると、口金からバルブが外れません。
ゆっくりとまっすぐ抜きます。
「ぷしゅーーー」
バルブを引きちぎってしまいました。これで2度目です。 とほほ
SILCAの空気入れ使っている人、うまく使えていますか?
コツを教えて下さい。

チューブを交換してから出発です。

小田原城(10:50)門沢橋→厚木(予備のチューブ購入)→平塚→小田原城
→茅ヶ崎→門沢橋(15:20)

天気が良く、日差しが痛いぐらいです。(夜になったら顔や腕が痛痒いです。)
R134からR1を走ります。
平塚市内を出たあたりから、渋滞の車の列もなくなり調子よく走れました。
所々で太平洋を望むことができ、海からの風は肌にひんやりとして気持ちがいいものでした。

Av. 21.4km/h
Tm.3:41
Dst.79.3km
所要時間 4:30

今日積算距離が 1,000km を突破しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年4月17日 (土)

江ノ電

一日乗車券のりおくん(B) 子どもと江ノ電ツアーです。

小さな電車が道路を走ったり、海辺を走ったりと、乗り物好きの子どもにはお勧めです。
藤沢←→鎌倉 往復運賃と同じ値段で、一日乗車券があります。「のりおくん(B)券」

この日の日程は、
藤沢→長谷 (大仏 長谷寺 海岸遊び)→鎌倉(昼食 鶴ヶ丘八幡宮)→江ノ島→(湘南モノレール)→大船
といった感じです。

江ノ電が路面を走るのは、江ノ島←→腰越 間です。
電車が走ると、車が左右によけてくれる、ちょっと狭い道路を走る姿は、ちょっと珍しいですね。


大仏こんなに大きいとは、思わなかったのでしょう、大仏はおもしろいようです。
大仏の胎内にも入れますから、中に入ってみるのもいいと思います。
まあ子どもですから、そんなに長い時間は過ごせませんので、さっさと長谷寺へ。

長谷寺長谷寺は、庭園がきれいな寺院です。
あじさい寺の別名でも有名ですね。
山肌に段々とお堂が配置されているので、一回りすると結構歩きます。
子どもに受けるのは、洞窟のお堂です。洞窟内を巡ることが出来ます。

海辺さて、海岸沿いを走っている区間では、江ノ電の各駅からはすぐに浜辺に出ることができます。
海水浴シーズンじゃ大変でしょうが、いまのこの時期ならゆっくりを浜辺遊びが出来ます。
波打ち際で裸足になって、1時間ほど遊びました。
(ちょっとした着替えは準備しておきましょう。)

湘南モノレール鎌倉で昼食を採ったあと、帰りは江ノ島からモノレールに乗りました。
懸垂型のモノレールは山谷越えて、トンネルくぐり抜けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜も明けぬうちに

bike_R_flash.jpg
日も昇らぬうちに1時間ほど走ってきました。

Av.21.8km/h
Tm.57'
Dst.20.9km

門沢橋←→泉橋酒造

造酒屋があるというので気になっていたのですが、これで場所を確認できました。
今度は、営業時間に行きましょう。
利き酒可能だそうですから、運転手を雇って行かねばなりませんな。

さて、ディグリーザをかけてしまったBBとかハブですが、乗り味がわかるほどの脚前じゃないせいか、私には特に不具合は感じませんでした。
まあ、一度専門家に見てもらおうとは思っていますが、まずは一安心。
ただ、やばそうだったら、変えちゃおうかなとも思っています。
ハブやBBだけでも、グレードアップすると走りが変わるそうなんで...。
(こうやって、どんどん金食い虫になっていくぅ...。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月14日 (水)

Weblogタイトル改題

Weblogタイトルを変えてしまいました。

「ふぉあぁの別室」
 ↓
『かぜになりてぇい』

このところ「ロードバイク」ネタが多くなっているので、「かぜになりてぇい」をWeblogのタイトルにしました。
まあWeblogを立ち上げるときに、タイトルのことをよく考えていなかったってのが、ホンネのところです。 (-_-;)

このWeblogにリンクをいただいている方々には、誠に申し訳ございません。
URLも内容も変わりませんから、リンク名はそのまま放っておいてください。

今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月12日 (月)

江ノ島→鎌倉(その3) バイクの掃除

チェーンクリーナーとディグリーザー
(土曜日の続き)
海辺の砂が付いたままじゃ良くなかんべと、夕方にロードバイクを掃除しました。

BARBIERI PNKチェーンクリーナーなるものでチェーンの掃除をしました。(写真は、本体のみ)
機械に付属のディグリーザーを入れて、チェーンをグルグル廻すと汚れが取れていきます。
一発できれいなるという訳ではなく、2-3回繰り返して、かつウエスでチェーンをぐりぐり拭く必要はありました。
(1年以上ウエスで拭いたことぐらいしかなかったので、かなり汚れが付着していたのは確かです。)
そのあとセットのチェーンオイルを差しておきました。


さらには、ともかく塩はヤバイだろうと、辺り構わずあちこちブシュブシュとディグリーザーをぶっかけて、水で洗い流しました。砂と油がドロドロと流れいって バイクはきれいになりました。(写真のディグリーザーは、FINISH LINE ECO TECH2)

さて、翌日にWebをあちこち見ていると、ディグリーザーはBBとかフリーホイールには使わないように書いてあるではないですか...。
これらの部品にはグリースが着いているので、グリースが流れちゃうそうな。

でも、BBもペダルも リヤフリーホイールも砂がみっちり付着していて、「絶対このままじゃヤバイ」って感じだったんです。
スプロケットなんかジャブジャブとディグリーザーを掛けないと、砂は取れないですよぅ。ジャブジャブ掛けたら、フリーホイールにもディグリーザーが結構かかるじゃないですか。
ペダルなんかの狭い隙間に砂が入り込んでたら、ジュワーっと流したくなるのが人情でしょう?

うーんどうするのが正解なんだろう。
大丈夫かなぁ。 トホホ...。

これらクリーナー類は、数週間前に量販店で買い求めたものです。
並んでいる商品から 簡単な説明で適当に選んでしまいましたからねぇ。使い方とか注意とかまでは 聞いていなかったです。
うーん、やっぱり初心者の私には量販店での買い物は難しいのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年4月11日 (日)

江ノ島→鎌倉(その2)

(昨日の続き)
自宅からは茅ヶ崎で海岸に出ました。
R134に沿った形で、海側にはサイクリングロードがあります。
海を眺めながらのサイクリングは、気分がいいです。

が!

サイクリングロードには、所々「砂だまり」が出来てしまっています。

茅ヶ崎海岸

こいつは、ロードバイクではいかんともしがたいです。
滑ります。まっすぐ走れません。前に進みません。
降りて押す羽目になります。

烏帽子岩のあたりで、サイクリングロードはあきらめて、R134を走ることにしました。

往路は、海岸線に沿って行きましたからほとんど高低差はありません。 また、引っ越し前に走っていたのも江戸川サイクリングロードですから、これも高低差はほとんどありません。

で!

復路は、なるべく直線的に帰ろうと内陸側を走ったので、それなりに高低差があります。
これが 『の・ぼ・れ・な・い』 んですね。
食い過ぎだったこともありますが、息が持たない持たない。
もうあと1段2段軽いギヤが必要です。
また、以前から常用しているギヤが、前外ギヤで後ろが8枚目or9枚目なので、前ギヤを頻繁にチェンジしないためには、後ろにもうあと1段2段ほしいところです。

脚力を強化すればいいのでしょうが、ここはお金で解決を図りましょう。
帰りに「自転車屋」さんに行って、リヤのスプロケットを変えてもらうことにしました。
12-25Tから12-27Tに変更します。(TIAGRAからULTEGRAになります。)
部品が届けば来週には交換です。

さて、この日は海岸線の砂だまりを走ったので、夕刻からはマンションのベランダで前後のタイヤを外してお掃除です。
ディグリーザーで(おそらく塩まみれの)砂がドロドロと大量にとれました。
ここまで本格的に掃除をしたのは、はじめてです。
うまく掃除できたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月10日 (土)

江ノ島→鎌倉

本日のコース

[06:10]門沢橋(海老名)→茅ヶ崎→江ノ島→[07:50]鎌倉鶴岡八幡宮(朝食)[08:00]→
[08:30]本郷台(友人宅)[14:20]→
六会→用田→戸沢橋[15:30]→[15:50]本厚木(自転車屋)[16:10]→門沢橋[16:30]

鶴岡八幡宮

CATEYE VELO2 CC-VL200での測定値は、
Av. 20.4km
Tm. 3:28'
Dst 71.3km

Geko201では、
Av. 19.8km
Tm. 3:35'
Dst 70.8km

こうしてみると、サイクルコンピュータのデータはかなり正確そうです。
車のスピードメータや、トリップメータだと、かなーり値が違うんですがね。

Gekoおかげで経路の時刻が確認出来ています。
地図とかグラフとかは、使い方を勉強しながら追々公開できたらいいなと思っています。

さて、本日押しかけた友人宅は非常に親しいこともあり、えらい長っ尻になってしまい、ガブガブとビールを飲みながら、バクバク食いまくってしまいました。おかげで、復路は途中死にそうに気持ち悪くなってしまい一時はトボトボ歩く羽目に...。
飲んじゃダメですねぇ...。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月 9日 (金)

Geko201 ハンドルマウント

自作ハンドルマウント
Geko201のハンドルマウントを自作してみました。

材料は、
マグライト用ハンドルマウント (550円)
L字金具 (80円)
ベルクロテープ (100円)
ネジ、端切れ板 (家の中にあったもの)

マグライトをハンドルバーに取り付けるゴム製のパーツと板きれをL字金具で止め、板きれにGekoをベルクロテープと本体裏のネジで固定した至極簡単なマウントです。

純正品だと2000円以上しますが、これなら700円ちょっとです。
ハンドルとマウントはベルクロテープで簡単に取り外すことも出来ますし、マウントと本体はネジとテープで2重に留めていますからしっかりとホールド出来ていると思います。
(ちょっとかっこわるいけど...)

明日はいよいよGekoを持って、ロードバイクで走り回って見ましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月 7日 (水)

GARMIN Geko201 (その2)

カシミール3Dを入手。
http://www.kashmir3d.com/

登山家御用達のフリーソフトですが、自転車ログを取ったり、飛行ログを取ったり様々な用途に使われているようです。

解説書も出ているので、そちらも購入。

カシミール3D入門 山と風景を楽しむ地図ナビゲータ
杉本 智彦著
実業之日本社 (2002.4)

カシミール3D GPS応用編
杉本 智彦著
実業之日本社 (2002.11)

「GPS応用編」は『GARMIN の使い方』入門書として十分有益だと思われます。
ほーこんなことが出来るんだ。 なーるほど、こう使うのね。
取説ではよくわからない使い方が、具体例に則しながら解説されています。
(本文でのGARMINは eTrex ですが、Geko と大体同じユーザインターフェイスですね。)
当然、GARMIN にカシミールを組み合わせれば、ラクチンに利用できます。

と言いながら、いまだ家の周りをGPSを持って、ウロウロと歩き回ってみただけなので、早く自転車に乗ってGPSを試して見たいものです。 週末が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月 4日 (日)

4月度月例競技会

月例競技会に参加です。
さて、引っ越し後はじめてコースに行くことになるので、往復の時間が気になります。

海老名←→玉造G.C.
往路:5:45発 7:55着
厚木I.C→用賀→首都高→箱崎→千代田石岡IC

復路:14:00発 17:10着
千代田石岡IC→堀切→葛西→首都高湾岸→横浜新道→原宿→六会→門沢橋

帰りは、首都高環状線が混んでいたので、ちょっと道を変えて見たのですが、素直に往路と同じ道のりなら、もう少し早かったかもしれません。(1000円ほど安いのですがね。)

スコアの方は相変わらずです。
55-54=109(HC28 NET81)
天気は、一日中小雨が降ったりやんだりで、冬のような寒さでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月 3日 (土)

ブラザーベア

ブラザーベアをいつものごとく吹き替え版で鑑賞です。

オリジナルでは「ティナ・タナー」が、吹き替え版では「天童よしみ」が主題歌(オープニング)を歌っていることが話題になっています。
その「天童よしみ」ですが、うまいですねぇ、演歌の匂いをまったくさせずに、ソウルな香りすらしてきます。すごいですよこの歌は。
挿入主題歌は「フィル・コリンズ」です。クレジットで「フィル・コリンズ(日本語)」と見るまでは、「うーんフィルによく似てるけどいったい誰が歌っているんだろう?」って思っていました。この歌もすばらしいです。
映画の挿入歌で数々の名曲を残してきた、ディズニーの面目躍如です。

さて、この物語のテーマは「思いやり」でしょうか。
相手を思いやることが「愛」の基本であることを、熊に変えられた青年キナイと、小熊のコーダのふれあいが伝えてくれます。
普遍的な「愛」を真正面から取り上げていますから、日本人にはちょっとこそば痒いかもしれません。
(人間愛とか隣人愛とかアガペーとか、欧米人にはおなじみの「キリスト愛」の類ですね)

物語の設定は、(おそらく架空の)太古のインディアンというものですが、このインディアン達の風習や伝統に関する考証はかなり力を入れてなされていることが感じられます。
この考証の確かさが、この映画を単なる子どものため物語にとどめず、大人も一緒に鑑賞することが出来る物語にしていると言えます。

(「た♂」「み♀」「つ♂」と4人で海老名ワーナーマイカルシネマズ#1スクリーンにて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GARMIN Geko201

bike_garmin.jpgGARMIN社のHandy GPS Geko201(英語版)を購入しました。
楽天I.D.A.で+シリアルケーブル+USB変換=25,515円でした。

先日、SonyのHandyGPSを紛失してしまったので、それの代わりのつもりです。

今日宅配で届いたので、さっそくNylinkとGPS Player32を見つけて、Navin'You 5.5と接続しようとごそごそやったのですが、どうもうまく接続できません。
こりゃ少し時間がかかりそうです。

紛失したSONYの機種(廃盤)はヤフオクに良く出てきます。手持ちのソフト(Navin'You)のことだけ考えればこっちのほうが良いのでしょうが、対応ソフト(Navin'You)も廃盤ですから今後に期待はできません。(落札価格もGeko201とあまり変わらないし...。)

一方、GARMINは、ソフトやら経験やらがあちこちに転がっていることが期待できそうです。
今回の購入動機は、パソコンカーナビをやることと、自転車でGPSログを取ることとが半々なので、地図とかソフトとかは掻き集めればなんとかなるでしょう。
カシミール3Dなんて、すんげーフリーソフトもありますしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »