« たそがれ清兵衛 | トップページ | 殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安(一) »

2004年3月 6日 (土)

サドル

また買い物してしまいました。
今度はサドルです。
このところプチ遠乗りをすると、ケツが痛かったので...。

bike_sadle01.jpgbike_sadle02.jpg
セラ・サンマルコ ロールスTi
上野アートスポーツにて7,900円也

お店で数種またがらせてもらって、こいつがなんとなく良かったです。
あとで調べたら、一昔前の『名器』だそうですね。
皮の質感と曲線がとても美しいです。

さて元々ついていたのはこれ。
bike_sadle03.jpgbike_sadle04.jpg
今風なV字カットのへこみがありますが、ビニールっぽいです。VELO製だそうだ。(市販品ではなさそうです。型番をネット検索したけど、ヒットしなっかたです。)

さて、いつものお店で買ったのではないので、今回は自分でつけてみましょう。
で、参考にしたのが、この本
今中大介のロードバイクの基本
今中大介のロードバイクの基本

サドルをつけ替えて、調整をします。
水平を出すのが思いの外大変です。
本にあるとおりの股下×0.85に高さを合わせると、なんと今までより10cm近くも低いぞ!?
ありゃ?どういうことだ?
このところ高くすると楽になるモノだから、いい気になってどんどんあげてきていたのは確かなのですけど...。

これは、ライディングポジションが、スーパーいい加減の可能性が大です。
とりあえず、バイクは本の通りに調整しましょう。

つけたら走ってみたくなるのが人情です。
風邪ひきなので、少しだけ江戸川を走ります。
本のアドバイスを思い出しながら前後の乗車位置を意識して乗ってみます。
膝の皿の垂線が一番前に出たときのペダルの軸線上になるようにします。
今までと比べて、サドルの後ろに乗ることになります。すこし、足が伸びます。

でも「うーーん低い。足がまだまだきついぞ???」

下死点に伸ばしたときに、明らかに膝が曲がっているのは、いくらなんでも違うでしょう。
2cm位上げてみます。さらに、1cmぐらい後ろにもサドルを動かしてみます。

「まだちょっときついなぁ」と思いながらとりあえず帰宅。
明日体調が良ければ、乗り回してみましょう。

|

« たそがれ清兵衛 | トップページ | 殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安(一) »

コメント

はじめまして「nasubi」です。リンクもして頂いているようでありがとうございます。サドルって難しいですよね。私のは初めのビアンキについていたBianchiロゴ入りの「セラ・サンマルコ Fusion」です。雑誌とか見てるとランスの使っている「セラ・サンマルコ コンコールライト」や「セラ・イタリア ターボマチック4ゲル」とか考え出したらきりないですね(笑)。でも最大の問題はエンジンだったりしますが...

投稿: nasubi | 2004年3月 6日 (土) 15:16

ふぉあぁさんこんにちは&コメントありがとうございます。
サドルに関してはみなさんいろいろと悩んでおられるようですね。
selle san marco のエラは、はっきり言ってルックスで選んでしまいました。私はめいっぱい後ろに座るのでスリムなやつでないと股の後ろのところがいたくなります。
コンコールライトは収まりが良さそうなので、かなり気になっています。

投稿: papa_n | 2004年3月 8日 (月) 20:39

nasubiさま、papa nさま、ありがとうございます。
結局この週末は風邪が悪化してしまい、新しいサドルの試乗はできずじまいでした。
すこし長めの距離を乗ってみないことには、調子がいいのか痛くなるのかわからないので、次週末待ちですね。
結果はアップする予定ですので、また、アドバイスお願い致します。

投稿: ふぉあぁ | 2004年3月 8日 (月) 21:25

トラックバックなるものをよく理解している訳ではないので恐縮ですが、当方のブログにおいでいただきましてありがとうございました。
サンマルコの「ロールス」がいまだにカタログに載っているモデルとは知りませんでした。
その後、いろいろ遠乗りされているようですが、座り心地はいかがですか?
私の方はまだ、パーツが揃っていないので、組立てにはいたっていませんがロールスが似合うバイクになるといいなぁと思っています。

投稿: nori | 2005年1月31日 (月) 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7184/268907

この記事へのトラックバック一覧です: サドル:

« たそがれ清兵衛 | トップページ | 殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安(一) »